勉強の遅れを取り戻す方法【小学生編】今からでも間に合いますよ!

勉強のあれこれ
広告

スポンサードリンク






子供が小学校に入ると気になるのが、
「我が子は勉強に付いて行けているのか?」
ということですね。

我が子に勉強の遅れがあるのか、ないのか
見分けるのに良いのが授業参観です!

 

まず、きちんと座って
先生の話を聞けているか、
「○○をやってみましょう」と言われて
理解できている様子かどうか?

 

更に、我が子本人が発表する様子や
他の子の発表とどう違うのか
よく観察してみましょう。

お子さんの勉強が遅れているとわかったら、
宿題などを一緒に取り組んでみましょう

学童保育に行っているお子さんだと
宿題のプリントなど学童で済ませてしまうため、
「終わった」と言われると
親が細かく見ていない場合も多いです。

 

お子さんがどのように
学習に取り組んでいるのか
直接見てみることが大事です。

全体的に理解が遅れているのか、
基本はわかるけど応用ができないのか、
具体的に言われればわかるが
抽象的な内容が理解できないのか。

お子さんがどこでつまづいているのか、
だんだんわかってきます。

 

勉強の遅れを取り戻す方法は?

スポンサードリンク

 

学習の遅れには様々な原因がありますが、
クラスの集団での授業に付いていけず、
お子さんのペースに合わせて
進める必要があることが多いです。

まずは勉強の習慣作りをし、
決まったパターンで
学習を進めるようにしていきましょう。

教科書を読む、
基礎的な問題を解く、
といったことを、
他の子よりも長い時間をかけて
繰り返し行うことで身につけることができます。

 

お子さんの現在の学力、進度、
学習ペースに合わせて
学習させることが大事なので、
「プロに教えてもらえるから」と
塾に入れるのが良いとも限りません。

その子の事を良くわかっている親御さんが
スマホの学習アプリなどを利用して
教えるほうが役に立つこともあります。

塾はお金がかかりますので、
まず、それ以外の方法を少し調べてみて、
実践してから塾に入れるか決めるのが
お勧めです。

 

勉強が遅れている子供に親がしてあげられる事はある?

 

小学生が勉強の遅れを取り戻すには
親の協力は必須です。

 

小学校くらいであれば勉強そのものの内容も
親がチェックすることができます。

 

テストの答案などを見て、
お子さんがどの程度の遅れを抱えているか
把握します。

 

基礎的な問題は解けるが
応用や文章題が苦手なのか、
そもそも問題がよく読み取れていないのか、
等がわかります。

 

また、小学校は授業参観が
非常に参考になります

お子さんが授業に集中できているか、
周りのお子さんの理解度と比較してどうなのか
観察することができます。

 

全部プロに任せたいということで
家庭教師や塾も
経済的に余裕があれば
心強い方法です。

ただ、小学生の場合は、
お子さんの性格がよくわかっている、
親御さんが気分に合わせてうまく乗せつつ
勉強させるほうが効果があるかもしれません。

 

問題集なども学年別・理解度別に
分かりやすく揃っていますので、
家庭でのフォローが可能です。

テストの点数などにすぐ成果が現れなくても
勉強をする習慣がつくことがまずは大事です。

お子さんの頑張りに合わせて
褒めてあげるのも忘れずに!

 

まとめ

小学生は勉強の習慣が
付いているかどうか個人差が多く、
我が子に勉強の遅れがあるのかどうか
まず把握することが大事です。

 

テストの答案や
授業参観での様子を参考に、
お子さんがどの程度の遅れを
抱えているか確認します。

宿題を一緒に解いたり、
教科書をきちんと理解するよう
繰り返し勉強させたり、
家庭での補助でもかなり効果的です。

経済的に余裕があれば
家庭教師や塾を利用しても良いです。

 

ですが、小学生の場合ですと、
お子さんの性格をよく理解し、
気分のムラに合わせて
ペース配分することが大事です。

そう考えると、
小学生の学習の遅れには
家庭学習の効果が期待できますね!

 

タイトルとURLをコピーしました