就活の髪型の頼み方~女性編~美容院での上手な伝え方で好印象に!

就活
広告

スポンサードリンク






就活では身だしなみがチェックされるため、スーツなどの服装や持ち物だけではなく、
髪型にも気をつかう必要がありますよね。

でも、どんな髪型にするか、採用担当者に好印象を持たれる髪型は何か、迷みますよね。

女性が就活で面接官に好印象を持たれるためには
どんな髪型が良いのでしょうか?

 

また、美容師さんは就活用のヘアカットのプロというわけではないので、
自分の希望をしっかり伝えないと思った髪型にならない事もあります。

そこでこちらの記事では、

  • 就活で好印象な髪型
  • それを美容室で上手に伝える方法

について詳しく説明します。

ぜひ最後までお読みください。

就活で好印象な女性の髪型はどんなの?

スポンサードリンク

女性の就活に適した髪型は、
顔周りを見せて「清潔感」を出すことが大事です。

髪型が乱れていたり、就活に適していない髪型だったりすると、どんなに面接で素晴らしい回答ができていても、採用担当者からの印象は悪くなってしまいます。

採用担当者に好印象を与えるために、次の4つのポイントを押さえるようにしましょう!

1.おでこと眉毛を見せる

おでこと眉毛を出すことで、明るく爽やかな印象になります。

前髪を切り揃えたり、横やセンターで分けるようにしましょう。

眉毛が隠れるほど前髪が長いと、暗い印象を与えてしまうので注意してくださいね!

また、前髪をピンで止めるのはNGなので気をつけて下さいね。

少し長めの前髪を横に分けたりセンターで分けるときは、スタイリング剤を使うようにしましょう。

2.耳を見せる

耳を見せると顔全体がよく見えて、清潔感のある印象を与えることができます。

耳に掛けてスタイリング剤で固定したり、ピンで固定したりして、耳を見せるようにしましょう。

3.お辞儀をしても髪が顔にかからない、崩れない髪型にする

就活中はお辞儀をする機会が多いものです。

お辞儀をするたびに、髪が顔周りに落ちてきて直す…という行動は落ち着きがなく、やや見苦しい印象を与えてしまいます。

スタイリング剤で固定して、顔にかからないように気を付けましょう。

ロングヘアの方は、ポニーテールやお団子、ハーフアップにするのもおすすめです。

4.きついパーマや奇抜な色にしない

アパレルなど、面接に挑む業界によって許される場合もありますが、
基本的に就活中は髪の色を黒にしましょう。

パーマもかけすぎると、フォーマルな場面に合いません。

長さはどれでも大丈夫

以上の4点を注意して清潔感のある印象を与えるようすれば、髪の長さは、ショート、ボブ、ミディアム、ロングのどれでも大丈夫です。

ショートカットやボブで髪をまとめられない場合は、ヘアスプレーで前髪や耳周りの髪を押さえて、お辞儀した時などに乱れないようにしましょう。

ミディアムやロングの場合は、それに加えて、後ろ髪もしっかりとハーフアップにしたり、一つにまとめたり、下の方でお団子にしたりします。

では、それをどうやって美容師さんに伝えればうまく行くのでしょうか?

就活の髪型の頼み方~女性編~上手に美容師さんに伝えよう!

就活に適した髪型を作るために、まずは美容室で髪を切って整えてもらうのがおすすめです。

どんな髪型があなたの理想なのか、しっかり伝える必要がありますので、美容師さんへの頼み方を紹介しますね!

1.就活用のヘアカットであることを伝える

まずは、美容師さんに就活用のヘアカットであることをはっきり伝えましょう。

美容師さんが就活に相応しい髪型を意識してカットしてくれますよ。

また、最近の就活ヘアは多少のオシャレ感を出しても問題ありません。

「かしこまりすぎないダサくない髪型」でお願いしましょう!

2.ポイントを伝える

先ほどご紹介した、採用担当者に好印象を与えるポイントを伝えましょう!

眉毛や耳を見せる、カラーリングやパーマはNGなど最初にはっきり告げておくことは大事です。

3.カタログや写真で希望する髪型を見せる

美容師さんは就活用のヘアカットのプロというわけではありません。

希望する髪型のカタログや、SNSなどで見つけた写真を用意しておくと、イメージがしっかり伝わり希望通りの髪型にカットしてもらえますよ。

言葉だけで伝えるのが難しい場合は有力な方法です。

セットの仕方も聞いておく

また、就活時のセットの仕方と普段のセットの仕方を美容師さんに聞いておくと、面接当日などに、「髪型がうまくいかない!」なんて焦らなくて良いので、予め聞いておきましょう。

まとめ

女性が就活で面接官に好印象を持たれるためには、
顔周りを見せて清潔感を出すことが重要です。

前髪は眉毛が隠れない程度に切るか分ける、サイドは耳を見せるのがベストです。

おでこや眉毛、耳を出すことで明るく爽やかな印象を与えることができます。

 

就活に適した髪型を作るために、まずは美容室で髪を切ってもらうことも大切です。

就活に適した髪型の希望を美容師さんに伝えるのは難しいものですが、あらかじめカタログや写真などを用意して、希望の髪型を伝えるのがベストですね!

 

企業の面接で好印象を与えるか、悪い印象を与えてしまうか、髪型は非常に重要なポイントです。

良い印象を採用担当者に与えられれば、選考においてプラス要素になります。

しっかり髪型もセットして面接に挑むようにしましょう!

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました