クッキーの生地がまとまらない!ボロボロになってしまう原因と対処法!

スポンサーリンク

最近お菓子づくりにハマっていて色んなお菓子を作っています。

そのなかでもよく作るのがクッキー!

クッキーは大量生産すれば職場のお菓子にも持っていけるし、
とっても便利ですよね!

でも、作ってる最中に生地がボロボロでまとまらず、
失敗してしまったこともあります…。

同じような経験がある方もいるんじゃないでしょうか?

今日はそんな私の経験を活かして、
『クッキーの生地がボロボロになる原因と対処法』について、
お話ししていきます!

スポンサーリンク

クッキーの生地がまとまらない!ボロボロになってしまう原因は何?

クッキーの生地がボロボロになってしまう原因は次の4つ考えられます。

  1. 材料の計量があっていない
  2. 材料を代用してしまっている
  3. バターを室温に戻していない
  4. 生地を寝かしていない

それぞれについて説明していきますね。

材料の計量があっていない

クッキーの生地がボロボロになる原因の一つは、水分と油分の不足です。

人だって乾燥するとお肌の皮がボロボロになりますよね。

それと同じように生地だって水分と油分が足りないと、
ボロボロになってしまうんです。

そして、水分と油分が不足する原因が計量間違いだと思われます。

お菓子づくりは計量が肝心なので量る時は気をつけましょう。

 

また、計量があっていれば、
元となるレシピの量が間違っている可能性があります。

今はスマホで気軽に調べられますが、
なるべくプロの方のレシピを参考にしましょう。

材料を代用してしまっている

材料を用意できなくて他のもので代用してしまっていませんか?

バターをサラダ油で代用すれば、
バターよりもサラサラのためよりまとまりづらくなります。

グラニュー糖でなく上白糖を使えば粒が大きいため、
混ざりにくくボロボロになる原因のひとつです。

ついつい材料がなくて代用してしまう気持ちもわかりますが、
レシピ通りの材料を使うようにしましょう。

バターを室温に戻していない

お菓子づくりでバターを使うときは室温に戻してから使います。

ある程度柔らかくしないとちゃんと生地に混ざらないからです。

ついつ固いまま使ってしまいがちですが、
ちゃんと柔らかくしてから使うようにしましょう。

また、どうしても急いでいるときはレンジで10秒ずつ温め、
様子を見ながら柔らかくしてくださいね。

生地を寝かしていない

生地を寝かせる必要性はいくつかありますが、
その1つが生地の中の水分量を一定にすることです。

生地の中の水分が一定になることでしっとりするんですよ。

水分を一定にするためにも1時間以上は寝かせるようにしましょう。

また、寝かせる際はしっかりラップで包んでください。

密閉にしないと生地が空気に触れ乾燥し、
ボロボロになる原因となります。

 

以上がクッキー生地がボロボロになる原因です。

心当たりがあることはありましたでしょうか?

次はボロボロになった時の対処法について話していきます。

クッキー生地がボロボロになってしまった時の対処法!

クッキー生地がボロボロになってしまった時の対処法は2つあります。

  1. 寝かせる時間を増やす
  2. 牛乳を足す

それぞれ説明していきます。

寝かせる時間を増やす

先ほどお伝えしたとおり、
寝かせる目的は生地の水分を一定にするためです。

よりしっとりさせるということですね。

生地がボロボロということは生地の中の油分と水分が、
まだ馴染んでいないということです。

寝かせる時間を増やしてそれぞれ馴染むようにしましょう。

また寝かせた後もボロボロになっていたら、
そのまま生地を揉んでみてください。

より生地が混ざってまとまってきます。

牛乳を足す

ボロボロになってしまう原因でもお伝えしたとおり、
油分や水分が足りなくてもボロボロになります。

なので、牛乳を足すことによって水分が加わり、
生地がまとまりやすくなります。

ただし、一気に足すと今度は生地がベチョベチョになってしまうので、
様子を見ながら少しずつ足していってくださいね。

まとめ

  1. ボロボロになる原因は
  • 油分と水分不足
  • 材料の代用やバターを室温に戻していないため生地が混ざりきっていない
  • 生地を寝かしていない
  1. 対処法はより寝かせる、または牛乳を足す
  2. より寝かせてもまだ生地がボロボロならそのまま揉む

ということですね。

クッキーって簡単に作れるからついつい手を抜きたくなるもの。

私も作りはじめより慣れてきた頃に、
手順を簡略化して失敗してしまいました…。

せっかくのお菓子づくりを失敗しないためにも、
今日お話ししことを参考にして、実際に作ってみてくださいね!

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました