ホットカーペットは犬用を買うべき?悪い影響はない?本当に必要?

スポンサーリンク

 

寒くなってくる時期
愛犬には少しでも快適に過ごして欲しいですよね。

 

ホットカーペットは、
こたつやガスファンヒーターに比べると
火事の危険も少なく、

愛犬のお留守番の際などでも、
比較的安心して使いやすい防寒具です。

 

ペットショップにいるわんちゃん猫ちゃんも
多くのお店で使用しているくらい、

ホットカーペットは有効かつ安全なんですね。

でも、ホットカーペットって、
人間用とペット用で分かれているけど、
ペット用は何か違うのかな?

人間用で代用してもいいのかな?と疑問に思いませんか?

 

そこで今回は、

ホットカーペットは

  • 犬用を買うべきなのか?
  • わんちゃんにとっての影響や選び方

などについても、一緒にお伝えしていきます。

 

愛犬のためにホットカーペットの
購入を検討している飼い主さんは
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ホットカーペットは犬用を買うべき?悪い影響を与えない?

結論から言うと、

人間用ホットカーペットでも
適切な配慮ができれば何も問題はありません。

 

ただ、

リスクを最小限にしたものが
犬用ホットカーペットとして売られている

と思っていただければよいと思います。

 

例えば人間用ホットカーペットで
愛犬へのリスクが特に大きいのは

「犬の低温やけど」
「コードを噛んでしまうこと」

の2点です。

犬の低温やけど

「犬の低温やけど」
のほうから見ていきましょう。

 

涼しい場所や暖かい場所など、
気候によって自分で居心地が良い場所を
見つけるのが得意なわんちゃん。

「熱くなったら自分で離れそうだし
低温やけどになんてなるの?」

と思いますよね。

 

しかし低温やけどは
瞬間的な熱さや痛みがないため、

わんちゃんも気づかないうちにやけどをしてしまうようです。

 

犬にとって快適な温度は、

体温より少し低い34~35度

と言われており、

44~50度の熱源に
継続的に接触していると
低温やけどになってしまいます。

 

「寒かったらかわいそう。」

と思って温度を高めに設定したこと
低温やけどをしてしまったり、

症状が進んで重症化してしまうこともあるようです。

 

犬用のホットカーペットは
低温設定ができたり、タイマーが付いているので、
安心して使うことができますね。

コードを噛んでしまうこと

次に「コードを噛んでしまうこと」
についてです。

 

ホットカーペットに限らず、
電化製品のコードは噛んでしまうと、
製品そのものが壊れてしまうだけでなく、
感電や火事の原因にもなりやすいです。

わんちゃんにコードを噛まれないように
気を付けているおうちが多いのではないでしょうか。

 

そのことから、犬用のホットカーペットは
コードカバーがついていたり、

強度や耐久性を高めている
商品が多いんですね。

 

初めにも言ったように、
愛犬へのリスクを配慮できる場合は
人間用のホットカーペットでも問題ないと思います。

 

ただ、お留守番が多いおうちや
常に配慮が難しい場合は、

犬用のホットカーペットのほうが
安心して使用できるかと思います。

犬用ホットカーペットの選び方と注意点!

犬用ホットカーペットは本当にたくさんの種類の商品が売られています。

楽天市場のペット用ホットカーペット一覧はこちら

 

愛犬も飼い主さんも快適に生活できるよう、

生活スタイルや
わんちゃんの個性に合わせ
商品選びができると良いでしょう。

 

例えば、あまり活発ではない
犬種のわんちゃんや老犬などの場合、

同じ場所に留まって寝ている時間が多く
低温やけどの可能性が高まります

そのような場合は、

低温の設定ができるタイプや、
一定の温度を保ってくれるタイプを選ぶと安心です。

こちらのペット用ホットカーペットなら、
28度と38度の2つの温度しか選べないので、
高温になりすぎることがなく安心です↓↓↓

 

愛犬に噛み癖があるのであれば、
耐久性に優れたものや、
コードレスなものを選ぶといいでしょう。

こちらのペット用ホットカーペットは、
噛みつき対策はもちろん、
豊富な6段階の温度設定と細かいタイマー設定ができます。

また、電気代がすごく安かったり、
ケージに入れても使いやすかったりと、
わんちゃんにも飼い主さんにも嬉しい一品です
↓↓↓

 

ちなみに私の愛犬は
いろいろなものをすぐ噛んでしまうので、
レンジでチンするものを使っています。

レンジのタイプは
長時間のお留守番には不向きなものの、

コードも電池もついていないため
噛んでしまう心配がありません。

※ちなみに、レンジタイプの中に入っているジェルは、
 食べると危険なことがほとんどなので、
大型犬など、歯が強くて中身を噛みちぎってしまうようなわんちゃんの場合は使用しない方が良いです。

 

長時間お留守番の場合は、

温度が低下してくる時間を見計らって
エアコンのタイマーを設定して外出しています。

 

また、ホットカーペットのサイズ
愛犬が快適に過ごすためには重要です。

 

ケージやハウス内を埋め尽くしてしまう
ほどの大きなサイズでは、

わんちゃんが暑さを感じた時に
逃げ場がなくなってしまします。

 

わんちゃんの
おなかが温まるくらいのサイズ

を選ぶのがおすすめです。

まとめ

愛犬に使うホットカーペットは、
細かな温度設定やタイマー設定ができるペット用を買うべき!ということが
わかりましたね!

人間用でも、代用できますが、
愛犬にとって危険ば場合があるので、
十分に気をつけてください。

 

ぜひ今回お伝えした視点を参考に、
愛犬も飼い主さんも快適に
過ごせるようなものを見つけてみてください。

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました