溶かしたチョコに生クリームを入れると固まる原因は?上手に作る方法

お菓子&お料理
広告

スポンサードリンク






口どけまろやかな生チョコレート

お店で購入すると
結構なお値段になることも。

それでもあの美味しさは
一度味わってしまうとやめられません。

 

生チョコレートが
普通のチョコレートよりもお高めなのは、
作るのに手間がかかり、
繊細なお菓子だからです。

 

溶かしたチョコレートに
生クリームを入れるのですが、
何も考えずに入れて混ぜると
途中で固まってしまったり、
分離してしまったり、
あっという間に失敗してしまいます。

 

あの美味しい生チョコレートを
自宅で手作りするために、
生クリームを入れても
失敗しない方法はあるのでしょうか。

 

溶かしたチョコに生クリームを入れると固まるのはどうしてなの?

スポンサードリンク

 

生チョコレートを手作りしようと、
溶かしたチョコレートに
そのまま生クリームを入れて
固まってしまった!
という経験はありませんか?

 

その原因はいくつか考えられますが、
例えば、チョコレートを湯煎して溶かしたところに、
冷えたままの生クリームを直接入れると、
その温度差でチョコレートが固まってしまいます

 

また、チョコレートや生クリームを
温めすぎてしまうと、
分離してしまうこともあります。

するとドロドロになってしまい、
元に戻すのが難しくなってしまいます。

 

チョコレートを入れたボウルに
水分が入っていた場合も、
同様に分離してしまいます。

 

ちなみに、
もしチョコレートが固まってしまった場合は、
再び湯煎し、生クリームを温めて
少しずつ湯煎したチョコレートへ足していき、
丁寧に混ぜる
復活させられることもあります。

 

それでも復活できなかったチョコレートは、
固めることを一度諦めて、
他のものへと使い道を変えると
無駄にならずに美味しく頂けます。

 

例えば、温かいミルクを入れれば
冬に飲みたいホットチョコレートに。

また、ホットケーキミックスに
牛乳、油、卵とともに加えて
シリコンカップに入れ、
190℃に温めたオーブンで
15分〜20分程焼き上げれば
マフィンスコーンが作れます。

 

失敗してしまっても、
捨てずに他のものへと変身させましょう!

 

溶かしたチョコに生クリームを入れる時に固まらずに上手に作る方法!

 

それでは、生クリームを入れた際に、
固まらずに作るには
どうしたら良いのでしょうか。

 

まず、チョコレートを湯煎で溶かす時に、
グツグツをさせたままの
熱湯に入れるのは危険です。

50度前後のお湯で、
丁寧に溶かしてあげてください。

 

次に、生クリームは
沸騰しない程度に温めます。

火が強すぎると
すぐに沸騰してしまいますので、
注意が必要です。

ポイントは温めて溶かしたチョコレートに、
同様に温めた生クリームを入れて、
ゆっくりと混ぜることです。

 

その後、手作り生チョコレートであれば、
テンパリングの工程は必要ありません。

混ぜた後に冷蔵庫で冷やせば完成です。

 

まとめ

 

チョコレートを溶かしたものに、
生クリームを入れると
固まってしまうことがあります。

 

湯煎したチョコレートに、
冷たいままの生クリームを
入れてしまったことが
原因の1つとして考えられます。

 

また、チョコレートや生クリームを
沸騰させるほど温めてしまうと、
分離して取り返しがつかなくなってしまいます。

 

ちなみに、
失敗したからといって
捨てないでください。

 

温かいミルクを入れて
ホットチョコレートにするなど、
他にも使い道はあります。

 

美味しく作るには、
チョコレートの湯煎は
50度前後のお湯で丁寧に溶かし、
沸騰しない程度に温めた生クリームを入れて
ゆっくりと混ぜ合わせることがポイントです。

 

チョコレートはそのままでも加工しても、
甘くて美味しい、
子供から大人まで大好きなお菓子です。

チョコレートを溶かして使う際には、
温度に注意しながら、
決して急がずに丁寧にゆっくりと
仕上げてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました