ディズニーランドのファストパスを攻略!取る順番は?

ディズニーのあれこれ
広告

スポンサードリンク






東京ディズニーランドでは2019年7月10日から、
パーク内であればいつでもどこでもファストパスが
取得できる“デジタルファストパス”システムが導入され、
発券方法も大きく変わりました。

そこで、今回は、とっても便利になった
ファストパスシステムを使いこなし、
混雑時でも思う存分遊べるように、
効率の良いファストパス取得順などを調べてみました。

 

ディズニーランドのファストパスをゲット!取る順番や人気なのは?

スポンサードリンク

 

東京ディズニーランドでは、季節や天候、イベントなどの
状況によって日々アトラクションの人気具合は変わってきます。

ここでは夏休み時期を例に、ファストパス対象アトラクションを
人気順に並べたいと思います。

1. モンスターズ・インク“ライド&ゴーシーク!”
2. スプラッシュ・マウンテン
3. ビッグサンダー・マウンテン
4. プーさんのハニーハント
5. スペース・マウンテン
6. バズ・ライトイヤーのアストロブラスター
7. ホーンテッドマンション
8. スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー

 

モンスターズ・インク“ライド&ゴーシーク!”
は小さなお子様でも一緒に乗れるとあって、
2009年のオープンから10年経っても不動の人気を保っています。

開園後にファストパス発券所に直行するゲストも多く、
乗りたい方は早めに取得することをオススメします。

 

また、夏休み期間中は子供連れゲストが多いため、
絶叫系アトラクションよりも子供と一緒に楽しめる
アトラクションのほうが上位にきます。

春休みの学生が多い期間には絶叫系の
アトラクションがとても人気です。

冬の時期にホーンテッドマンションが
特別バージョンとなる場合は、ファストパスが
早く無くなってしまうこともあります。

 

スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー
午後でもファストパスが残っていることがあるため、
後回しまたはスタンバイ列に並んでも乗車は可能と思われます。

ディズニーランドのファストパスを取る時の注意点

 

今まで、ファストパスを取得する場合には、
アトラクションのファストパス発券機がある場所へと行き、
発券機にパスポートを読み込ませ、
乗車可能時間が記載された紙を受け取っていました。

デジタルファストパスが導入されてから変更となったのは、
まず、入園後からなんと、お持ちのスマートフォンを使って、
ファストパス発券所まで行かなくても公式アプリから
ファストパスを取得することができるようになりました。

 

取得後は、時間になったら、アトラクションの
ファストパスエントランスに行き、
今まではここでファストパスチケットを
キャストさんに見せていましたが、変更後は公式アプリ内の
パークチケットの二次元コードを表示し、
専用の機械に読み込ませるだけで入場することができます。

スマートフォンも公式アプリも持っていない!
という方は、従来通り、各アトラクションの
ファストパス発券所へ向かってください。

 

ファストパス発券機にパスポートをかざすところまでは
同じですが、出てくるのはファストパスチケットではなく、
ファストパスリマインダーという「何時のファストパスを取得したか?」
が分かるお知らせの紙です。

ですので、こちらの紙を入口にかざしたり、
キャストさんに渡したりすることはありません。

時間になったら、ファストパスエントランスの専用機に
紙のパスポートの二次元コード部分をかざして、
入場してください。

 

まとめ

 

2019年7月10日からデジタルファストパスが導入され、
入園後はスマートフォンからいつでもどこでも
ファストパスが取得できるようになりました。

ファストパスエントランスでは紙または
スマートフォンのパスポートにある二次元コードを表示して、
専用機にかざすだけで入場できます。

1年を通して、モンスターズ・インク“ライド&ゴーシーク!”は
いつでも人気ですが、その他のアトラクションは
時期によって待ち時間が変わってきますので、
学生が多い時期やお子様が多い時期など
あらかじめチェックしながら、ファストパスの
取得順も考えてみてくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました