バナナにカビがはえたら食べちゃダメ?ふさが白いのはどうなの!?

疑問解決方
広告

スポンサードリンク






あなたはバナナはお好きですか?
私は好きです。
おやつにちょうど良いので、時々食べています。

カリウム、βカロテン、葉酸、食物繊維など
身体に良い栄養素がたくさん含まれています。

そんな健康に良いバナナですが、
あなたはどのように保存していますか?

バナナスタンドに吊るしているという方も
いらっしゃるでしょうか。

バナナに、カビと思しきものを発見したことはありますか?

明らかにカビがひどく、
食べるのに抵抗を覚える場合は食べるのはやめておきましょう。

表面に少しだけの場合は、
皮をむけば食べられる事が多いです

 

また、バナナの皮が黒くなっている場合もありますよね。
そんな時の対処法などもご紹介していきたいと思います。

バナナのふさが白いのはカビ?皮が黒くなってるのはどうなの?

スポンサードリンク

「バナナのふさが白いけど、カビ?」
バナナのふさに白いものを見つけた時に、
ふとそんな疑問が湧きますよね。

私は、バナナの軸が白くなっているのは見たことがあるのですが、
ふさが白いのを実は見たことがありません。

バナナのふさに白いふわふわしたものが付着している場合は、
軸が白くなるのと同様にカビでしょう

 

私は、軸が少し白いだけなら気にせずに食べてしまっています。
ただ、あまりにも全体が白い時は、食べないほうが無難かもしれません。

 

また、バナナに黒い点々が出たり、
皮自体が黒っぽくなることもありますよね。

バナナの黒い点々は、シュガースポットと呼ばれるものです。

実はこの追熟された茶色いバナナには、
免疫力を高める効果があると期待されています

この茶色いバナナにはリン脂質という成分が含まれています。
リン脂質が不足すると、
悪玉コレステロールや中性脂肪が増加したりします。

その結果、動脈硬化や腎臓病、心臓病に繋がることがあります。

リン脂質は、身体に欠かせない成分なのです。
それが、この茶色くなったバナナに含まれています。

ただし、中まで真っ黒になってしまったバナナは、その状況に応じて判断してくださいね。

バナナはカビても食べられる?気になる見分け方と判断基準!

白カビと黒くなったバナナは少し違うことが分かりましたね。
「バナナはカビても食べられる?」
という疑問も出てきますよね。

答えは状況次第……でしょうか。

私は、房までカビの生えたバナナを見たことがないので
なんとも言えませんが、軸の部分が白いくらいなら大丈夫です。

今まで、軸が白くなったバナナを食べてきて
何か問題を感じたことはありません。

しかし、房全体にも広がってしまっている場合は少し心配ですよね。
私だったら、房がほんのり白い程度だったら……

皮をむいて大丈夫そうだと判断したら
食べてしまうと思います。

全体がカビで白く覆われている場合は、
恐らくあなたも不安になると思うので
やめておいた方が良いでしょう。

まとめ

 

カビが発生するのは風通しが悪いからです

バナナを買ってきたままの
袋に入れておくとカビが発生しやすくなります。

 

バナナスタンドに吊るしていても、
軸の部分はどうしても白っぽくなってきてしまいますよね。

我が家では、バナナを一本ずつ新聞紙に包み、
それをビニール袋に入れて野菜室で保存しています。

このおかげなのか、
軸以外の部分でバナナに白カビが生えているのは
見たことがありません。

よろしければ参考にしてみてください。

 

また、皮に黒い点々が出来ているバナナは甘くて美味しいです

一度、冷蔵庫に入れたまま忘れてしまい、
かなり黒くなったバナナを食べたことがありますが、
何も問題ありませんでした。

もちろん、明らかに傷んでしまっている場合は別ですよ。
シュガースポットが出ているバナナは
栄養満点ですので、傷んでいると思わずに食べてみてくださいね。

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました