学習机はいつ買うのが正解?入学時より高学年で買うべきってホント?

勉強のあれこれ
広告

スポンサードリンク






子供の小学校入学のタイミングの準備の一つに、
「学習机を買うか?買わないか?」の問題があります。

 

小学校になるとランドセル、教科書、ノート、プリント、リコーダー、習字や絵の具セットや体操服や上靴など、とにかく物がたくさん増えます。

学習机は、子どもが自ら自主的に学習したり、物の整理整頓をする習慣を身につけてもらうのに必須のアイテムですね。

 

ですが、小学校の低学年の段階ではそれも限界があります。

その理由から、最近では、学習机は高学年になってから買ってあげると良いという意見も増えているみたいですね。

学習机はいつ買うのが正解?低学年では使わない?高学年で買うべき?

スポンサードリンク

学習机は少なくとも小学校1年生~2年生のあいだは購入するべきではありません。

小学校入学時に学習机を購入してあげても、結局低学年の間はほとんど使わなかったという意見が多いのが現状です。

 

私の経験上でも、
小さいうちは、子供一人で勉強することはまずないです。

宿題なども常に親のチェックが必要なのでリビングでの学習が欠かせません。

これらの理由から、
小学校低学年の間はリビング学習をおすすめします。

では、学習机はいつ購入すればいいのでしょうか?

いつといっても、その子の成長具合や、ご家庭の状況でタイミングはさまざまですが、子どもたちが成長していく中で、

『ちゃんと勉強できる自分だけの机が欲しい!』

こんな意見が子どもから出てくる時がくるでしょう。

 

このように子どもの自立心が芽生え始めた時が、
学習机を用意するタイミングです。

『自立』とは、すべきことを自分で考えて自分で行動するという事。

多くは高学年からそのような気持ちが芽生えてくるようです。

 

なので、子供に自立心が芽生えてくる高学年からは、親がなんでもやってあげることはやめて、子どもだけの空間を作ってあげることが必要だと思います。

そのタイミングで、子供が欲しいデザインの学習机を買ってあげるのがベストなんじゃないかと思います。

 

私の子どもの場合(現1年生)ですが、今は学習机を買わずにリビング学習を取り入れています。

小さいあいだは親の目の行き届いた場所で勉強してもらうのが理想だと考えたからです。

 

しかし、リビング学習のデメリットも感じています。

それは、兄弟がいたり、家事などの物音で勉強に集中できないということ。

静かな空間で勉強できればいいですが、テレビやおもちゃなどの雑音、そして家事での生活音は付き物。

このような空間では、子どもの集中力は長続きしません。

いずれは学習机を用意してあげて、しっかりと勉強ができる空間を作ってあげることを考えています。

 

学習机をいつ買うか?について、
方針は固まって来ましたでしょうか。

ここで、オススメの学習机をご紹介しますので、
いつ買うにしても、参考にしてみて下さいね!

どんな学習机がオススメ?

学習机選びのポイントは、いかに勉強だけに集中してもらうか?という事。

なので、あまりガチャガチャしていないデザインがオススメです。

 

学習机の目的は当たり前ですが『勉強しやすい』というのが大前提。

そして長くずっと使ってもらうとなるとキャラクターものの学習机は向きません。

シンプルな学習机の方が飽きもしませんし勉強に集中できるでしょう。

 

あと注意したいのは、引き出しや本棚の多い学習机はNGです。

引き出しや本棚のスペースが多くなればなるほど、子どもはお勉強以前に物の管理がむずかしくなります。

目の前がごちゃごちゃしていると、それだけで子どもの勉強への集中力は途切れてしまいます。

 

このことから、勉強するだけの机と、教材などの収納棚は、別で用意することをおすすめします。

いくつかオススメの学習机をご紹介いたしますね!

国産の学習机 コンパクトで折りたたみが可能

シンプルでスリムな学習机 大人も子供もつかいやすい学習机はこちら

木のぬくもりがある使いやすい学習机 大きくなってもずっと使える学習机はこちら

まとめ

  • 小学校入学時(低学年)には学習机は必要ない
  • 勉強意欲が出る(自立心が芽生える)タイミングで学習机購入の検討をする
  • オススメの学習机は引き出しや本棚が多い机ではなく、できるだけ何もない机が理想

小学校低学年では、学習机を持て余してしまう可能性が高いです。

また、低学年のうちはリビング学習で親が一緒に勉強してあげる事をオススメします。

 

小学校高学年になって、子供に自立心が芽生えてから、お子さんと好みや使い勝手について話し合いながら、学習机を買うのがオススメです。

 

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました