結婚式後に年賀状を出さないのはマナー違反?誰まで出すべきなの?

季節のイベント
広告

スポンサードリンク






もうじき年賀状を出さなきゃいけない時期。

「今年結婚したけど、夫婦互いの親戚や友人、会社関係に年賀状を出すと、正直付き合いも増えるから嫌だな…」

「でも、結婚式にきてくれたお礼は年賀状で言わなきゃだめかな?」

なんて迷っているかたもいるんじゃないでしょうか?

 

最近は毎年年賀状を出す人も減っていると聞きますし、年賀状を書くのもなかなか大変で、出すかどうか悩んじゃいますよね…。

そこで今回は、
結婚式をした後に年賀状を出したほうがいいのか?についてお話します!

結婚式後に年賀状を出さないのはマナー違反?

スポンサードリンク

結論から言うと、結婚式をした年の年賀状は出したほうがいいでしょう。

結婚したということは一つの家庭を持ち、大人になったということ。

結婚式に来てくれたお礼も兼ねて年賀状は出した方が良いです。

結婚式に来られなかった方や、呼べなかった方への報告の意味でも年賀状を出したほうが良いでしょう。

 

もちろん、色んな考え方の方がいるので、年賀状が来なくても気にしない人もたくさんいるとは思いますが、あなたが結婚式をした年にお礼も兼ねて年賀状を出した方がいいのかな?と気にしている時点で、

同じように「あれ?年賀状来ないな、、、結婚式にも行ったのに年賀状くれないんだ、、、」と思う人もいるという事です。

 

残念ながら、大人になったからには大人の付き合いがあります。

親戚付き合い、会社付き合いもそのひとつです。

親戚付き合いはその後ずっと生涯をついてまわるものですし、会社関係は上司からの印象も左右します。

 

もちろん、友達関係なら尚更ずっと良好に続けていきたいですよね。

そのためにも、年賀状をきちんと出してお礼の気持ちと今後ともよろしくという気持ちを伝えたほうが良いでしょう。

 

私も正直、年賀状を毎年だすのは億劫ですが、年に一回、年賀状で互いの近況を知らせる年配の親戚関係の人もいます。

これだけ聞くと関係が薄いように思えるかもしれませんが、以前にその年賀状が届くのが嬉しいんだと言われたこともあります。

その一通が相手を喜ばせ、その後円満な関係を作ることもあるんです。

友人関係はもちろんのこと、夫婦互いの親戚関係、会社関係の評判のためにも、年賀状は出して感謝の気持ちを伝え、その後の付き合いを続けたほうがいいでしょう。

結婚式後に年賀状出す場合は誰に出せばいいの?

結婚式をした年に年賀状を出すとして誰に出せばいいのか迷いますよね。

大まかに出す相手としては、

  • 親族関係
  • 友人関係
  • 会社関係

の3つに分かれます。

まず親族関係ですが、義両親には出しましょう。

仮にも義理とはいえ親子になったのですから、今後の付き合いを考えると確実に出した方がいいです。

ただし、同居しているなら同じ家なので出さなくてO Kです。

義両親以外の親族同士のお付き合いは各家庭によってだいぶ変わります。

中には年賀状のやりとりを全くしていないという方もいるでしょう。

自分たちだけで判断がつかなければ、それぞれの親に相談するのもいいです。

親ならば毎年どんな相手に年賀状を書いているか把握していますし、自分たちもそれに合わせるのが無難です。

 

次に友人関係ですが、年賀状は本来直接年始の挨拶をできない人に対して送るものです。

普段から頻繁に会っている子には無理に出さなくてもいいという意見もありますが、結婚式をした年くらいはお礼や報告も兼ねて送るのも良いと思います。

また、普段はあまり会わないけれど、関係を続けたい人には出したほうがいいですね。

大人になると環境も変わり、仲が良かったのに疎遠になることも増えてしまうので、そういう方には積極的に年賀状を出していきましょう。

また、最近は年賀状で結婚したことを報告する人も多く、結婚したことを知らせるチャンスでもあります。

もし知らせていない友人がいたら、年賀状で知らせるのもいいでしょう。

 

次に会社関係ですが、ビジネスマナーを考えると、基本的には同じ部署の同僚、先輩、上司には出した方がいいです。

中には年賀状を廃止している会社もあると思いますが、特別そのような話を聞いていなければ出したほうが、その後の関係がよりよいものになるでしょう。

 

ただし、会社に結婚したことを伝えておらず、年賀状で知らせるのは失礼にあたります。

結婚したことを伝えていなければ、まず直接報告したうえで、年賀状を出すようにしましょう。

 

年末は仕事も忙しいし、イベントも盛り沢山で、私生活ともに忙しい時期ですよね。

そんな時期に年賀状を書くのはもちろんのこと、どこまでの関係に出したらいいのか考えるのは大変です。

ですが、その一通がいい関係を作ると思って、頑張って出しておいた方が気持ち良く新年を迎えられそうですよね!

年賀状がめんどくさいあなたへ!宛名まで印刷してくれて便利な年賀状!

こちらのように、宛名印刷を何枚でも無料でしてくれるサービスもあります。

年賀状のデザインもかなりたくさんの中から選べますので、こういった便利なサービスを利用すると、年賀状もスムーズにストレスなく出せそうですね!

 

こちらは枚数が選べます
↓↓↓

まとめ

結婚式をした年の年賀状はお礼や報告を兼ねて、出しておいた方が無難です。

友人や親戚、会社関係の方など、しっかりと年賀状を出して感謝の気持ちと今後もよろしくお願いしますという気持ちを伝えましょう。

時間がなければ、宛名まで印刷して送ってくれるようなシステムもありますので、ぜひ活用してみてくださいね!
↓↓↓

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました