ハンカチのプレゼントにはいい意味もある!「別れ」以外の意味とは?

スポンサーリンク

何かのお礼や、ちょっとしたプレゼントなどに、
ハンカチは便利ですよね。

しかし、ハンカチのプレゼントは「別れ」や「手巾(手切れ)」の意味があることは有名で、
受け手がそれを知っていた場合は、良くない印象を持たれるかもしれません。

 

しかし、ハンカチのプレゼントには実は良い意味もり、
あなたが親密になりたいと思っている方に贈ることで
その方に「もっと親しくなりたい」とアピールするサインにもなるんですよ!

スポンサーリンク

ハンカチのプレゼントには実はいい意味もある

あなたが引っ越しするときや退職するときなど
お世話になった人に感謝の気持ちを表すためにプレゼントを贈る場面があるでしょう。

 

値段や実用性などを考えると、
「ハンカチ」はお手頃でピッタリなアイテムであるといえます。

 

しかし、「ハンカチ」は涙を拭くためのアイテムであり、
それをプレゼントすることは「別れ」や「手切れ」を連想させてしまい
マイナスなイメージで受け取られることがあります。

 

職場で贈る場合は目上の方や上司の方が失礼だと受け取る場合があるので
贈る際は感謝のメッセージを添えたり、ハンカチにイニシャルを入れるなど
好感度が下がらないようフォローが必要です。

ただ品物だけを贈ることのないようにしましょう。

こちらではイニシャルを入れてもらえる上に、
ラッピングが無料でオススメです↓↓↓

女性に送ると意味が変わる?

そんなハンカチですが、意中の女性に贈ることで
「私はあなたのことが気になっていますよ。」
関係を深めたいことを示すサインにもなります。

 

というのも、普段から身に着けるものをプレゼントするというのは
マーキング行為のようなもので、
贈ったハンカチを身に着けている女性を見て
「この女は俺の物」にしようとする男性の所有欲の現れだとしているからです。

 

このような下心があると女性に受けとられる可能性はありますが、
ちょっとしたプレゼントをあげたいなんてときにはピッタリなアイテムといえるでしょう。

これ可愛いですね↓↓↓

ハンカチの意味がちょっと気になっちゃう人に!縁起のいいプレゼント!

それでは、退職時や引っ越し時などのお世話になった人の贈るプレゼントはどういったものがよいでしょうか?

 

1つの見方として、形に残るものだと受け取った相手は負担に感じる可能性があるため、
消耗品やお菓子などの食べ物を贈るとよいです。

 

定番なアイテムだと、
クッキーやチョコレート、フィナンシェなどのデスクでも気軽に食べられるお菓子の詰め合わせ。
飲み物だとコーヒーやお茶なども選ばれています。

こんな感じでパッケージが可愛いものもオススメです
↓↓↓

 

日用品の部門であれば、
入浴剤やハンドソープやせっけんもギフトの定番です。

今のご時世なら誰でも使うアイテムで、1日で何度も使用しますよね。

消耗品であるためプレゼントを受け取る側も負担に感じにくいという点がグッドです。

 

職場の方に向けてのプレゼントをお考えであれば
ボールペンやメモ帳、付箋など普段使うものよりワンランク上のアイテム
であれば受け取る方も喜ぶでしょう。

これらのアイテムであれば、オフィスで必ずといっていいほど使うため
いくらあっても困らないはずです。

こちらのPARKERのボールペンなら、ある程度名が知れている上に、
そこまで高額ではなく、名入れもしてもらえるので職場の方へのプレゼントには最適ですね
↓↓↓

 

もし、ハンカチを贈りたい場合であれば
相手に失礼にならないようハンカチと併せて別のものを贈ったり
ハンカチに今までの感謝の気持ちを込めたメッセージを同梱するか、
ハンカチにその方のイニシャルを刺繍したものをプレゼントするかなど
そのプレゼントに特別感を持たせる演出が必要です。

まとめ

以上がハンカチを贈る場合に気を付けることやハンカチの込められた意味でした。

 

今の時代、そこまで考える必要があるかは正直なところ不明といった感想で
年配の方や職場の目上・上司の方が受け取って文句を言うことはあまり考えにくいですが、
ハンカチを贈ることの意味を知っているかどうかは重要であると思います。

文句を言われることはなくても
「この人は作法や礼儀を知らない人だな。」と思われたら
折角のプレゼントなのにもったいないですよね。

 

「定番な商品だからハンカチ」といって思考停止することなく、
このハンカチをプレゼントすることは一般的に何を意味することか
意識しながら行動したいですよね。

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました