鉢植えをプレゼントされると迷惑?喜んでくれる人はどんな人?

疑問解決方
広告

スポンサードリンク






5月の母の日と言えばカーネーションのプレゼントですよね。

その他にも挨拶やお礼、お見舞い、
日頃の感謝の気持ちを表すために
花をプレゼントする機会が1年を通して何度かあります。

お花には好みがあるので、渡す相手によって
種類を変えた方が良いですが、
どんなものを選んだら良いのでしょうか。

花言葉から選ぶ人もいれば、相手が大好きなキャラクターが
アレンジされたもの、枯れないように造花や
プリザーブドフラワーのものなど選び方はたくさんあります。

 

また、花束や素敵な入れ物に入れるアレンジメント、
そして鉢植えなど、お花の作り方・見せ方も
様々で迷ってしまいますよね。

 

その中でも今回は鉢植えに焦点を当ててみたいと思います。

鉢植えですが、実はプレゼントにもらって迷惑!
と考える方もいるようです。

鉢植えのプレゼントはどんな方に向いているのでしょうか。

鉢植えをプレゼントされると迷惑?喜んでくれる人もいる?

スポンサードリンク

 

まずお花をプレゼントされることに抵抗のある方がいます。

なぜなら、お花は飾って楽しむものですが、
場所をとったり、手入れが必要だったり、
枯れてしまったら処分しなければなりません。

小さい子供やペットを飼っている家には、
花を置いてもイタズラされてしまったり、
花の種類によっては花粉が毒になることがあります。

また、花より団子と言いますが、
花自体が好きではない人もいます

 

もしも花が好きな相手にプレゼントするとしても、
見ることが好きな人にとっては、
鉢植えをプレゼントされることは
少し迷惑に感じてしまうかもしれません。

 

鉢植えをもらったら、しばらくはそのままで構いませんが、
基本的にその後育てていくことを楽しむものなので、
置きっぱなしにはできません。

一週間ほど経ったら、フィルムや紙、
プラスチックなどお花を固定するためのものは全て外し、
その花に合った量の水を与えます。

どのくらい陽に当てたら良いのか、肥料は必要なのか、
お花を毎年咲かせるためにその花の育て方が
一緒に添付されている場合もありますし、
なければ調べる必要があります。

 

お花は生き物ですから、特に鉢植えはもらったら
そのままにせずに、手間をかけてあげると長持ちします。

ですから、鉢植えを送って喜んでもらうには、
花を育てることが好きな相手を選びましょう

これなら迷惑がられないテッパンプレゼント!

 

プレゼントと花が好きならば、手間のかからない
プリザーブドフラワーを選んでみてはいかがでしょうか。

プリザーブドフラワーは生花を加工して、
水やりなども必要なく、きれいなまま長く
保つことができるものです。

見た目も可愛らしいものが多いので、若い方にも人気です。

 

その他にも、小さなお花と和菓子・洋菓子が
セットになった商品もあります。

相手にお花かお菓子のどちらを贈ったら良いのか
迷った時にオススメです。

生花ではないけれど、お花のようなお菓子
プレゼントにとても人気があります。

 

例えば“ TOKYOチューリップローズ ”というお店では、
チューリップのような見た目でチョコやナッツが入った
美味しいクッキーの詰め合わせが販売されています。

女性に人気で、連日行列ができるほどです。

ほとんどが贈呈用のため、1人で何箱も
購入しているのをよく目にしますのでとてもおすすめですよ〜!

こちらです。
すごく可愛いので写真だけでも見てみてくださいね。

 

まとめ

 

鉢植えのお花をプレゼントする際には、
相手が“花を育てること”が好きかどうかによります。

鉢植えはもらってからそのままにするのではなく、
ラッピングを外して、長くもたせるための
手入れをする必要があります

見ることだけが好きならば、もう少し手間のかからない
アレンジメントやプリザーブドフラワーを選びましょう。

 

それでも、今ではおしゃれな鉢植えが
たくさんアイテムとして販売されています。

毎日お花に水やりや土いじりが苦でない方には、
ぜひ贈ってみてはいかがでしょうか。

 

タイトルとURLをコピーしました