バレンタインにチーズケーキをあげるとどんな意味になる?好意?嫌い?

季節のイベント
広告

スポンサードリンク






バレンタインの贈り物。

最近では彼の趣味に合わせて、バレンタインにチョコレート以外のお菓子や品物をプレゼントする人も増えています。

なかでも甘さ控えめなチーズケーキは、普段甘いものを食べないタイプの男性にも人気のお菓子です。

そこで気になるのは、「バレンタインにチョコレート以外の物を贈ると特別な意味にとられてしまわないかな?」と言うこと。

 

お菓子の中には、バレンタインに贈ることによって別の意味を持つものも存在します。

万が一「あなたは友達。」みたいな意味だったら彼氏にはあげたくないすよね!笑

 

この記事では、

  • チーズケーキをバレンタインに渡すと一体どんな意味になるのか?
  • バレンタインにチーズケーキをあげる時の注意点
  • バレンタインにあげると意味を持つお菓子

についてご紹介します。

見ていきましょう!

バレンタインにチーズケーキをあげるとどんな意味になる?

スポンサードリンク

ご安心ください。

バレンタインにケーキ類を渡す事には特別な意味はありません。

特別な意味を持たないので、好意とも嫌いな意味とも取られませんので、細かいことを気にせずにあげられますね。

 

バレンタインと言えばチョコレートですが、好みに合わないものをあげても仕方がありません。

趣味がわかっている彼ならば、喜ばれるものを贈るのが一番です。

 

予めリサーチして、チーズケーキが好きだと分かっているのならば、ぜひそれをプレゼントしてあげましょう!

気遣いのできる子だな、とあなたへの評価が上がること間違いありません。

 

ただし注意点として、
「チーズケーキ=バレンタインギフト」とすぐに結びつかない男性も多いことがあげられます。

一言「バレンタインだからプレゼントだよ」などと添えてあげると、贈り物の趣旨が伝わりやすいでしょう。

バレンタインにあげると意味を持つお菓子は何?

それでは、バレンタインに特別な意味を持つお菓子とはどんなものがあるのでしょうか?

注意したいのはマシュマロやクッキーなど、ついつい義理チョコの代わりに配ってしまいがちなライトなお菓子です。

マシュマロ

まずはマシュマロですが、何と意味は「あなたのことが嫌い」

口に入れるとシュワっと溶ける様子から、目の前からいなくなって欲しいと伝えるお菓子なのだとか。

そんなひどい事誰が思うんでしょうか。笑

この意味をまじめに受け取る人も日本にはあまりいないかと思いますが、相手の好みによってどうしてもマシュマロが贈りたい場合以外は、避けるのもよさそうです。

クッキー

続いてサクサクと軽い食感が美味しいクッキーですが、このサクサク感から「気軽な仲でいましょうね」とお友達宣言をする意味を持つのです。

義理チョコの代わりとしてはちょうどいいかもしれませんが、本命の相手に贈る際は注意が必要ですね。

本命の人にあげるチョコ以外のおすすめ品!

続いて本命チョコの代わりに贈るのにおすすめなお菓子です。

は口の中に長く残ることから、
「関係が長く続く」ことを願うお菓子とされています。

またマカロンはその高級感・特別感から、
「あなたは特別な人」という意味を持ちます。

さらに結婚式の引き出物としても不動の地位を誇るバームクーヘンは、
「幸せが長く続くように」という意味を持っているのです。

特におすすめはマロングラッセ!

そして中でも特におすすめしたいのがマロングラッセです!

バレンタインの贈り物としては一般的ではないと考えるかもしれませんが、
ヨーロッパでは永遠の愛を誓うお菓子として有名なのを知っていましたか?

一粒で濃厚な栗と糖蜜の味を堪能することが出来て、高級感もあるマロングラッセ。

特別なプレゼントとしても申し分ないですよね。

楽天でも買えますよ^^

今年はチョコレート以外が贈りたいと考えるのならば、彼にこっそりリサーチをかけて好みを聞き出してみるといいですね!

まとめ

バレンタインだからといって、絶対にチョコレートを贈らなければならないということはありません。

チーズケーキはもちろん、飴やマカロン、バームクーヘン、マロングラッセなど、バレンタインにオススメのスイーツはたくさんありましたね!

 

彼の好みに合わせてお菓子を選べば、さらに喜んでもらえるはずです。

渡すときにそのお菓子が持つ意味も説明してあげると、会話も弾んで二人の仲がより深まること間違いありません。

試してみてくださいね。

 

今年はいつもと一味違った気遣いで、彼の心をさらにぐっと掴んでしまいましょう!

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました