チョコが溶ける温度は種類によって違う!持ち歩き方や保管方法は?

季節のイベント
広告

スポンサードリンク






みんなが大好きなチョコは、贈り物や手土産、自分へのご褒美にもぴったりですよね。

バレンタインやホワイトデーで、持ち歩く人も多いと思います。

そこで気になるのが、持ち歩く時間や保管方法によってチョコが溶けてしまわないか?ということです。

特に夏場や、チョコを長時間持ち歩く場合などは心配になりますよね。

せっかくのチョコが溶けて台無しになってしまうのは誰もが避けたいです。

 

しかし実は、一口にチョコといっても溶ける温度が種類によって違います。

そこで今回は、

  • チョコの種類とその溶けやすさについて
  • 持ち歩き方や保管方法はどうすればいいか

について、詳しく説明していきますね。

チョコが溶ける温度は種類によって違う!

スポンサードリンク

チョコは主に三種類に分けられます。

  1. スイートチョコ(カカオバター、カカオマス、糖分からできたチョコで、ビターチョコもスイートチョコに分類される)
  1. ミルクチョコ(全粉乳、脱脂粉乳などの乳製品が使われるチョコ)
  1. ホワイトチョコ(カカオバター、砂糖、乳固形分で作られるチョコ)

チョコが溶けるのは、主な成分であるカカオバターが溶けるためなので、カカオバターを多く含むものほど溶けやすくなります。

更に、チョコに含まれる乳成分が多いほど溶けやすくなるため、最も溶けやすいのがホワイトチョコで、次にミルクチョコ、そしてスイートチョコの順になります。

その差はさほど大きいというわけではありませんが、知っておくと気を付けることができますね。

ただ、生チョコはこの中でも群を抜いて溶けやすくなってますのでご注意を。

 

カカオバターの融点は33度前後で、28度になると溶け始めるので、多くのチョコは28度を上回ると溶けてしまいます。

市販のチョコのパッケージに「28度以下の涼しい場所で保管してください」と書かれているのはこのためですね。

先ほどもあげたように、生クリームを使った生チョコやトリュフチョコレートなどは非常に溶けやすく、ほとんどが10度以下での保存が必須です。

チョコの持ち歩き方や保管方法は?

チョコが溶け始める温度については28度と説明しましたが、チョコをおいしく食べられる温度は18度から20度だと言われています。

従って、チョコを持ち歩く場合、気温が20度以下であれば常温で、20度以上になるようなら保冷剤を入れた保冷バッグに入れる事をおすすめします。

冬でも室内は暖房がかなり効いている場合があるので、その際は保冷バッグに入れておくと安心ですね。

 

チョコの保管は、夏以外であれば常温が適温ですが、暖房の効いた場所に置いておく場合には冷蔵庫にいれておいた方がよいです。

ただ、チョコは冷えすぎてしまうと風味が損なわれてしまったり、温度差によってチョコの表面が白くなってしまうブルーム現象というものが起きてしまう恐れがあるので、温度が冷蔵室よりも高く設定されている冷蔵庫の野菜室に入れておくのがオススメですよ。

また、チョコは光に弱く、他の食べ物のにおいが移りやすい性質をもつため、冷蔵保存をする際はアルミホイルに包み、ファスナー付きの袋に入れましょう。

食べるときは常温に戻すとおいしく食べることができますよ。

まとめ

チョコは温度変化に弱い繊細な食べ物で、特にホワイトチョコなどの乳製品を使ったチョコは通常より少し溶けやすいので注意が必要です。

生チョコはさらに溶けやすいので気をつけましょう。

基本的に涼しい日には神経質になる必要はありませんが、暖かい室内に置いておく場合は、冷蔵庫に入れたほうがよいでしょう。

その際はアルミホイルで包み、におい移りがないような保存袋にいれ、食べるときには常温にしばらくおいておくのがおすすめです。

暖かい場所で持ち歩く可能性がある場合は保冷剤やドライアイスを入れた保冷バッグに入れておけば安心ですね。

おいしいチョコをちゃんとおいしくいただくためにも、是非参考にしてみてくださいね。

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました