外靴に貼るお名前シールってあるの?靴に直接名前を書きたくない時!

保育園&幼稚園
広告

スポンサードリンク






保育園や幼稚園の入園時にはあらゆる持ちものに名前を書かないといけないので、その数も多く大変です。

特に初めて子供を入園させるという方は、他のママ達がどうしているかも分かりませんし、少し不安ではありませんか?

中でも靴は直接名前を書くと滲んでしまったり、平面ではないので書きにくい上、失敗しても書き直しがきかないので、靴に直接名前を書きたくなくて頭を悩ませているという方は多いかと思います。

実は、この問題を解決できる、
靴に貼れるお名前シールというものがあります。

今回は、

  • お名前シールとは一体どういうものなのか?
  • お名前シール以外に靴に名前を入れる筆者オススメの方法

についても詳しく説明していきます。

外靴に貼るお名前シールってあるの?

お名前シールは名前をオーダーするものと、シールに自分で書くものとがあり、通販などで購入可能です。

オーダーするものは名前を入力し、デザインや色を選んだら後は届くのを待つだけなのでとってもオススメです^^

カタカナ、アルファベット、漢字など字の種類や、縦表記か横表記かを選べたり、動物のイラストや記号をつけられるものがあったりとバリエーションも豊富で、色々と探して迷う楽しみもありますね。

こんな風に絵を合わせて、名前と絵柄で自分のものだとわかるようにできるお名前シールもありますよ♪

アイロンで簡単につけられるものもありますし、最近ではノンアイロンのタイプも出ていますが、素材によってはつかないものがあるので注意が必要です。

特にナイロンやポリエステル製の靴だとつかないものが多いので、購入前にそのお名前シールの注意事項や、お名前シールをつけたい靴の素材をきちんと調べておきましょう。

 

また、フロッキーという文字がぷくっと浮き上がったように仕上がる、お名前シールもあります。

こちらもアイロンで貼り付け可能で、貼り付けの際に少しコツはいりますが、伸縮性のある生地にも貼れて、存在感のある可愛い文字が入れられます。

シール以外で外靴に名前を付ける方法!

ここからは筆者オススメの靴のお名前付けをご紹介していきます!

かかとストラップ

お名前シール以外には、靴のかかと部分に取り付けるタグのようなものがあり、
「くつデコミニ」や「くつストラップ」、「くつのしっぽ」という名前で売られています。

お名前シールと同じで色やデザインが数ある中から選べ、名前を指定してオーダーできます。

ゴムで取り付けるので踏んでも痛くなく、ひと目で自分のものだと分かるので、便利ですよね。

ゴム部分を引っ張ることで一人で靴を履けるようになったという声もありました。

お名前スタンプ

コストは他の物より少しかかりますが、耐水性のインクをつけてポンと押すだけで布やゴム、プラスチックや金属などの素材にも簡単に入れられるお名前スタンプは、靴以外にも色々なものに使えるので、入園前にひとつ用意しておくととても便利です。

シンプルに名前だけ入れられるものもあれば、キャラクターや記号なども入れられるものもあるので好みで選べるのがいいですね。

ネームリボン

100均でも手軽に手に入るネームリボンは、マジックテープ部分や靴紐、靴のかかとの部分につけられ、スナップで簡単につけ外しができてとても手軽です。

お下がりで人にあげたいときやおでかけ、洗濯などですぐに外せるのは便利ですよね。

まとめ

靴に油性ペンで直接名前を書かなくても、最近ではお名前シールやタグ、お名前スタンプなど手軽に名前を靴に入れられるものがたくさんあります。

可愛い名前を入れてもらえると子供も喜びますし、可愛いだけでなく簡単に名前を入れられて分かりやすいのはママも嬉しいですよね。

幼稚園によっても名前のサイズや入れ方にルールがあるかと思いますのでそれに沿った、お気に入りのものを見つけてください。

大変な入園準備が少しでも楽ラクに、楽しくなるといいですよね。是非参考にしてみてください。

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました