靴の名前はどこに書く?保育園の外履きの名前はどう書くのが正解?

保育園&幼稚園
広告

スポンサードリンク






保育園の持ち物への名前書きは入園前の大仕事!

特に子供の靴は、人気のメーカーだと意図せずお友達とお揃いになってしまうこともよくあり、絶対に記名するべきアイテムです。

しかしながら、どこに?どの程度の大きさで?何で?名前を書くのが見つけやすく、消えにくく、最適なのか、悩んでしまうママは多いですよね。

 

この記事では、

  • 保育園用の外靴の名前をどこに書く?
  • 保育園用の外靴の名前を何で書く?
  • 保育園用の外靴の名前をどう書く?

について詳しくお伝えしますので、是非参考にして真似してみてくださいね!

保育園の靴(外履き)の名前はどこにどう書くのが正解?

スポンサードリンク

保育園の外履きの靴の場合、

  • かかとのタグ
  • かかとのゴム部分
  • 中敷き
  • ベロの内側

に名前を書くママが多いです。

その理由を探ると、それぞれにメリットとデメリットがありますのでご紹介します。

かかとにお名前を書くメリット

かかとのタグ、かかとのゴム部分に書く一番のメリットはなんといっても記名を見つけやすい点です。

揃えて靴箱に入れたときに一番目立つ位置に名前が見えますし、本人も先生もお友達の物と取り違えそうになっても気付くことが出来るでしょう。

お子さんが自分の物を管理するのがまだ苦手…という場合は是非ここに書くのがおすすめです。

かかとにお名前を書くデメリット

デメリットとしては、目立ちすぎるがゆえに靴のデザインに響く可能性がある点と、防犯の面から見たリスクがあることです。

デザインのことは言うまでもありませんが、本人や保育園の先生から見つけやすいのは利点である一方、赤の他人にも名前が知られてしまう可能性には注意が必要です。

近年、持ち物への記名から知った名前を親しく呼びかけることで、子供に油断をさせて近づく不審者がいるようです。

保育園だけでなくお出かけ用にも使いたいと考えている場合は、文字の大きさや字のバランスなどを調整することで策を講じましょう。

中敷やベロにお名前位を書くメリット

対して、中敷きやベロの内側に記名をすると、一度履いてしまえば外から記名が見えることはありません。

防犯の面では安心な場所であると言えます。

中敷やベロにお名前位を書くデメリット

中敷やベロにお名前を書くと、すぐに見つけにくいところがデメリットになりますが、靴の名前を書く場所としてはオーソドックスな場所ですので、保育園の先生ならしっかりと見つけてくれることでしょう。

脱いだ時に子供自身からも見やすいよう、大きく、太く書くことをおすすめします。

もちろん、保育園によっては名前を書く場所が細かく指定されることもありますので、必ず園からのお便りなどを確認して場所を決めてくださいね!

靴の名前の消えない!取れない!オススメの付け方!

保育園用の外靴の名前を絶対に消えないようにしたい!という場合は油性のマジックペンで靴に直接書いてしまうのが最も安心です。

濡れたり汚れたり、複数回の洗濯にも強いのがこの方法です。

新品の靴であればそのまま書いてOKですが、すでに履いたことのある靴に記名をする場合は泥汚れなどを綺麗に落とし、乾かしてから書くようにしましょう。

靴に直接書かなくて良い方法も!

油性マジックで書く以外の方法であれば、かかとのタグ部分に付けるタイプの「靴用お名前ループ」というグッズもとてもオススメです。

これは輪ゴムに名前が書かれたビーズがついているもので、かかとのタグなどに通して使います。

色々なメーカーから発売されていますが、
これはとても取れにくくて、しかも可愛く、非常に便利なアイテムです!

カラフルなループは子供にとっても見やすい目印になりますので、こちらも参考にしてみてくださいね。

まとめ

靴へのお名前書きは、子供本人と保育園の先生からの見つけやすさ、デザイン性、消えにくさ、防犯面などを様々な点を考慮して書く必要があります。

今回はかかとのタグ、かかとのゴム部分、中敷き、ベロの内側に書くそれぞれのメリットとデメリットを紹介しました。

総合的には中敷きに書くのが最も安全で見つけやすく、そして平らで書きやすいのでおすすめですが、お子さんの特性や園のルールとも照らし合わせて決めてみてくださいね。

 

靴に直接書きたくない場合は、お名前ループを使うのも可愛くておしゃれでおすすめです。

是非使ってみて下さいね〜!

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました