CDをiPhoneに取り込めない原因と対処法!どうしてもできない時の方法も!

生活・疑問解決方
広告

スポンサードリンク






CDの音楽をiPhoneに取り込みたい。

iTunesを使うのが一般的な方法ですが、
設定や不具合によって、なかなかうまくいかない事も多いようです。

その前にそもそも、
iTunesを使えない方はこちらの記事を読んで解決してみて下さいね。

iPhoneにCDを取り込みたい!iTunesなしやパソコンなしの場合!

 

この記事では、

「CD の音楽を iTunesを使って iPhoneに取り込みたいのに、
 なんかできないんですけど!」

というあなたへ向けて、
取り込めない原因対処法についてもご紹介致しますね!

 

また、どうやってもできなかった、、という方の為に、
パソコンもiTunesも使わずに超カンタンにCDの音楽をiPhoneへ取り込む方法もご紹介します。

私は色々やりましたが、今は結局このパソコン不要の方法に落ち着いて、CDを買うたびにストレスフリーでiPhoneに入れちゃってます。

CDをiPhoneに取り込めない原因!

スポンサードリンク

iTunesからiPhoneに曲を取り込む時、

  • 同期がうまくいかない
  • iTunesにCDの曲が取り込めない
  • iPhoneがパソコンに認識されない

などのトラブルが起きることがあります。

 

その際の対処法をそれぞれ紹介していきますね!

まずは1番多いであろうトラブルから。

「iCloudミュージックライブラリ」がオンになっている

iCloudミュージックライブラリがオンの状態になっていると、
音楽を同期する為のチェックボタンが、iTunes側に出てこなくなります。

iPhoneとパソコンをコードで繋ぎ
→スマホのマークをクリック
→ミュージックをクリック

「iCloudミュージックライブラリはオンです」となり、
「ボイスメモを同期」のチェック項目しか出て来ない場合がそうなので、
iCloudミュージックライブラリをオフにする必要があります。

手順

  1. iPhone側の「設定」を開く
  2. 「ミュージック」を開く
  3. 「iCloudミュージックライブラリ」を「オフ」に設定

それができたら、パソコンとiPhoneを付属のUSBケーブルで接続して、
ミュージック同期のチェックボックスが使えるか確認してみてください。

iCloudミュージックライブラリをオフにすることで、
iTunesの同期が可能になっているはずです。

 

音楽を取り込んだ後に再び、iCloudミュージックライブラリをオンにすれば今までのようにApple Musicの音楽も、取り込んだCDの音楽も聞けます。

ただし!
ここで注意なのが、
今までダウンロードした音楽は再びダウンロードし直さなければならないという点です。

どの音楽をダウンロードしてオフラインで聴いていたのか?を覚えておきましょう。

「チェックマークのある曲とビデオだけを同期」が有効になっている

同期はできたけど、曲が取り込まれていないという場合もあります。

その場合は、iTunes側の「チェックマークのある曲とビデオだけを同期」が有効になっているか調べてみましょう。

「チェックマークのある曲とビデオだけ同期」を有効にしていると、
チェックマークをしていない曲が同期されないんです。

解除の手順

  1. iTunesのメニューから「iPhone」を開く
  2. 「概要タブ」を開く
  3. オプションの「チェックマークのある曲とビデオだけを同期」のチェックを外す

また、
同じくiTunes側で「音楽とビデオを手動で管理」が有効になっている場合も同期ができませんので、同じ方法で解除しておきましょう。

iTunesにCDの曲が取り込めない

iTunesにCDの曲を取り込むことが出来ない原因は沢山あります。

これかな?と思うものをやってみて下さい。

コピーガードがついたCD

パソコンでコピーされないようにコピーガードが付いているCDの可能性があります。

他のCDを試してみて、認識できるかどうか確認してみて下さい。

他のCDなら認識するという場合は残念ながらコピーガードがかかっているので、パソコンでは認識できないCDという事になります。

CDが汚れている

単純にCDが汚れている場合も、iTunesでCDが読み込まない事があります。

CDをやわらかい布で拭いてから再度挑戦してみましょう。

最新バージョンになっているか確認

ソフトウェアが古いと、
iTunesにCDを上手くインポートできない原因になります。

以下の方法で、
使用しているパソコンのソフトウェアが最新になっているかどうかを確認してください。

Macのソフトウェアをアップデートする方法

Windowsのソフトウェアをアップデートする方法

 

また、
iTunesのバージョンを最新のものにすることでCDを読み込めるようになる可能性もあります。

最新バージョンの iTunes にアップデートする方法

違うところから開いてみる

Windowsをお使いの場合にはこちらも試してみて下さい。

まず一旦、iTunesを終了させます。

ハードディスク上の「Program Files」フォルダの「iTunes」フォルダにあるアプリケーションのアイコンから再びiTunesを開きます。

エラー訂正を調べる

「エラー訂正」が有効になっていると、CDの読み込みに時間がかかる事などがあります。

Windowsの場合

「編集」から「環境設定」を選択、「一般」を開いて、「読み込み設定」をクリックして下さい。

そこで、「オーディオCDの読み込み時にエラー訂正を使用」のチェックボックスにチェックマークが付いている場合はチェックを外してみる、逆に付いていない場合は入れてみると改善する可能性があります。

Macの場合

「ミュージック」メニューから「環境設定」→「ファイル」を開いて、「読み込み設定」を開きます。

あとは上記Windowsと同じです。

CDドライブに問題がないか調べる

CDドライブの方に問題がある可能性もあるので、iTunesで確認してみて下さい。

「ヘルプ」を開き、「診断を実行」を選ぶと、CD/DVDドライブのテストを選択する画面になります。

iPhoneがパソコンに認識されない

コンピュータに繋いだiPhoneが認識されない場合は、以下の方法を試してみて下さい。

一つの方法を試したら、その度にiPhoneを接続し直してから違う方法を試す事をおすすめします。

ホーム画面になっているか?

iPhoneのロックが解除され、
ホーム画面が表示されているか確認して下さい。

パソコンなどが最新のバージョンになっているか

先ほども出てきましたがパソコンやパソコン上のソフトウェアが最新であることを確認して下さい。

iTunes が最新バージョンであることも確認しましょう。

他のUSBポートも試す

パソコンにはUSB ポートが何個かついてるはずです。

一つずつ試して、みて下さい。

ケーブルに問題がないか調べる

ケーブルに問題がある場合もパソコンがiPhoneを認識しません。

パソコンに繋ぐと充電状態にはなるという状況なら、ケーブルに問題はないですが、充電もされない場合は、別のケーブルを試してみて下さい。

再起動してみる

パソコンやiPhoneを再起動してみましょう。

それだけで不具合が改善される事も多いです。

 

ここまで、

iTunesからiPhoneにCDの曲を取り込む時、

  • 同期がうまくいかない
  • iTunesにCDの曲が取り込めない
  • iPhoneがパソコンに認識されない

などのトラブルの原因と対応についてご紹介してきました。

解決できましたでしょうか。

 

更に根深いところが原因で、CDの音楽をiPhoneに入れられない場合もあります。

その場合は、もう少しパソコンをいじったり、
Appleサポートに問い合わせたりする必要が出て来ます。

 

そこまでめんどくさい事をするのは、あまりおすすめできません。

どんどん時間だけ取られて、結果何も解決できなかったとなる可能性も高いですし、パソコンもあまりいじりすぎるとアプリなどのファイルを壊しかねないので危険です。

 

そこで、ここからは、
どうしてもiTunesからiPhoneにCD音楽を入れられない場合におすすめの超簡単な方法をお話しします。

CDレコを使うのが一番カンタン!

CDの音楽を一番簡単にiPhoneに入れる事ができるのが、
CDレコを使う方法です。

CDレコはこんな感じのオシャレな機械。

このCDレコという機械さえあれば、
iPhoneでもアンドロイドでも、簡単にCDの音楽を入れる事ができます。

私も愛用しているのですが、
操作がとっても簡単で音楽の取り込みも早いです。

歌手名&曲名も自動で入りますし、歌詞もでます^^

詳しくはこちらの記事でご紹介してますので、
解決できなかった方はぜひ読んでみてくださいね。

CDレコのデメリットは?iPhoneに曲を入れてみた感想と使い方!

まとめ

CDをiPhoneに取り込めない時の、
原因と対処法についてご紹介致しました。

解決できるまで根気よくやるのも手ですし、
もしどうしてもできなければCDレコを使うのがおすすめです。

iTunesやパソコン、CDドライブなどの不具合は、
色々な原因から起きるので、いちいち解決していては大変です。

自分にとって一番ストレスフリーな方法で行ってみて下さいね!

 

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました