部屋から声が漏れない方法!自力で防音にする方法はあるの?費用は?

疑問解決方
広告

スポンサードリンク






おうちで過ごすことが推奨されている今、

  • 自宅での電話会議
  • オンライン飲み

など、部屋で声や音を流す機会が増えたのではないでしょうか。

「隣の部屋に聞こえてしまわないか不安」
そんな方に、自力で部屋に防音対策を施す方法をおまとめします。

 

部屋に自分で防音対策をする方法は?費用はどのくらいかかる?

スポンサードリンク

 

自分でできる防音対策を、
インターネットで購入できるグッズと共にご紹介します。

 

・防音シート

隣の部屋と隣接している壁は要注意。
そして壁の防音対策には防音シートがオススメです

音の振動を吸収してくれるため、
自分の声を響きにくくしてくれます。

オススメポイントは、シート状になっていて、
軽いものなら女性でも簡単に壁に貼り付けることができるところ。
※壁が汚れるのが気になる方は、立てかけるだけでも効果はあります。

壁一面に貼ると効果は最大化しますが、
難しい場合は一部に貼るだけでも、
音の振動を軽減してくれます。

価格は、60cm×60cm(10枚)5000円程度。
※物によって異なります

防音シートが購入できない場合は、
スーパーなどで手に入る「ダンボール」
を壁に立てかけるだけでも、効果があります。

ダンボールは厚さがあり、
その厚みの中に空気の層が作れる構造になっているので、
音の振動を吸収してくれます。

・防音マット

防音マットは、
床から音の振動が隣の部屋に伝わるのを防いでくれます

壁用の防音シートと同じく、
床全体に敷くことで効果は最大化しますが、
一部のみでも効果はあります。

価格は、50cm×50cm(10枚)10000円〜で購入可能。
厚みのあるもの、機能性に優れたものほど、
お値段は高くなります。

防音マットが難しい場合は、
ラグやカーペットを敷くだけでも、
多少の防音効果に繋がります。
数枚重ねると、より防音効果は高まります。

・吸音カーテン

カーテンは、
「(内側から外側への音の振動を遮断するために)厚みがある」
「(隙間からの音の漏れを防ぐために)丈が長い」
ものが良いです。

吸音性の高いカーテンも販売されておりますので、
これを機に購入されても良いかもしれません。

価格は、安価なもので、
2枚1セット7000円程度で購入可能です。

ドア

・隙間テープ

これは窓にも有効ですが、
隙間から音の振動が伝わるのを防ぐために、
ドアのすき間にすき間テープを貼るのもオススメです。

すき間テープは100均などにも売っていますので、
安価&お手軽に実行できます。

自分では無理な場合はどうすれば良い?

 

隣の部屋と隣接していない場所を選ぶ

隣の部屋まで距離がある場所で、
また音を遮断する障害物がある場所を選びましょう。

本棚やタンスなど、
壁際に何かが置いている場所でも良いです。

 

防音マイクを使って話す

お部屋への防音対策がどうしても難しい場合は、
防音マイクを使うこともオススメです。

防音マイクの中で話すことで、
声の漏れが軽減されます。

ほとんど手持ちタイプになるので両手が開かない、
というデメリットはありますが、
部屋に防音対策を施さずとも、
1/3程度の音量まで音漏れを防ぐことができるので、
手軽さを考えるとオススメです。
(どの位の防音効果に繋がるのかは、
製品により異なりますのであくまでも参考までに…)

また、壁と反対側に向かって話すだけでも、
音の振動は多少軽減されます。

 

最後に

 

騒音が原因でのご近所トラブルはよくあることです。
少しの工夫で音の漏れは軽減されますので、
ぜひ、ご紹介した方法を、
自宅できる防音対策の参考にしてみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました