シフォンケーキがうまく割れない?花割れシフォンにする方法!

お菓子&お料理
広告

スポンサードリンク






皆さんは、シフォンケーキを自宅で手作りしようと
挑戦した経験はありませんか?

作ったことのある方はお分かりの通り、
シフォンケーキの手作りはとても難しく、
失敗例もたくさんあります。

何度も何度も作り直して、前回の失敗を直したとしても、
さらに新しい落とし穴が待っています。

 

しかしコツを掴めばいつでも美味しいシフォンケーキが
お家で食べられるので、手作りとして
人気の高いお菓子の1つです。

シフォンケーキの手作りを成功させれば、
クリームをコーティングして誕生日としての
ホールケーキを作ることもできますし、
小さいお子様がいるご家庭の場合は、
プレーンでおやつにカステラのように
食べさせることができます。

フワフワとした軽い食感は、胃もたれしづらく、
おじいちゃん・おばあちゃんにとっても、
店舗にて販売されている生クリームの
スポンジケーキよりも食べやすいと喜ばれます。

 

そんなシフォンケーキに“花割れシフォン”
という表現があるのはご存知でしょうか。

花割れとは、シフォンケーキが焼きあがった際に、
表面に花びらのような割れ目ができることを言います。

この花割れができていれば、ふんわり膨らんだ証拠であり、
シフォンケーキの手作りに見事成功したことになります。

それでは、花割れシフォンを作るために、
どのようにしたら良いのでしょうか。

 

シフォンケーキがうまく花割れにならない原因はなに?

スポンサードリンク

 

シフォンケーキを焼いてみると“生地が膨らまない”
といった失敗例をよく聞きます。

花割れにするには、しっかりと膨らむ必要があるのですが、
なぜ失敗してしまうのでしょうか。

材料の配分

原因として考えられるものは、
まず、材料の配合の際に分量を間違えていませんか?

少しでも量を間違えてしまうと、焼き上がりに影響します。
材料はレシピ通りに用意してください。

混ぜ方

次に、生地の混ぜ方はどうでしょうか。
卵黄生地とメレンゲをそれぞれ用意しますが、
どちらも丁寧に混ぜ合わせることがポイントです。

特にメレンゲは根気よくホイップして、
持ち上げたときに柔らかいツノが出来上がるのが理想ですが、
逆にホイップしすぎて固くなってしまうと、
生地の横割れの原因にもなってしまいます。

 

また、卵黄生地はうまく混ざっていない場合に、
目詰まりを起こして固くなってしまいますのでご注意ください。

オーブンの温度

3つ目に考えられる原因として、
オーブンの温度が高すぎていませんか?
温度が高いと、生地も急激に膨らみ、
底に空洞ができたり、表面が焦げ付くことがあります。

少々面倒ですが、生地を作る工程は
とても繊細で丁寧に行う必要があります。

それさえクリアしてしまえば、あとは焼き上げるだけです。

気を抜かずに滑らかできれいな生地を仕上げましょう。

シフォンケーキをキレイに花割れにしてキレイに美味しく作る方法

 

もしシフォンケーキを手作りするのが初心者の場合は、
まずはプレーンから挑戦してみたほうが良いです

チョコレートやジャムなどちょっと変わった
シフォンケーキを作りたくなりますが、
追加する材料に水分が含まれている場合は、
生地に空洞ができたり、具材がかたよって
詰まりを起こすことがあります。

プレーンを成功させて、食べる際にジャムやクリームを
後乗せしてあげるほうが確実に美味しく作れます。

 

また、生地を丁寧に混ぜ合わせた後、
専用の型に流し込みますが、
空気ができるだけ入らないように流し入れましょう。

空気が入ると底上げや空洞ができてしまう原因となります。
最後に生地は完全に冷ました状態で、型から取り外しましょう。
専用のシフォンケーキナイフを使うのもオススメです。

 

まとめ

 

シフォンケーキを手作りした際に、
上部が花びらのように割れて
焼きあがる状態を花割れシフォンと呼びます。

花割れシフォンは、シフォンケーキが
しっかりと膨らんで焼きあがった状態であり、
手作りは成功と言えるでしょう。

 

そんな花割れシフォンを作るためには、
まず材料を正しい分量で準備し、
生地は丁寧にしっかりと混ぜ合わせ
オーブンの温度は高すぎず低すぎず
適温を保つようにして焼き上げます。

 

初心者の場合は、まずは基本である
プレーンから挑戦してみましょう!

一度や二度ではなかなか上手くいかないかもしれません。
しかし、コツをつかんでしまえば美味しく焼き上げれます。

夢の花割れシフォンを目指して、
ぜひ何度か挑戦してみてくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました