シフォンケーキが膨らみすぎる!原因を知って完璧を目指そう!

お菓子&お料理
広告

スポンサードリンク






なかなか出歩けずに自宅にいることが多くなっている今、
ぜひお菓子作りに挑戦してみるのはいかがでしょうか。

お菓子といっても色々とありますが、
時間に余裕があれば、少し難易度の高いものを
試してみるのも良いでしょう。

 

オススメなのがシフォンケーキです。
シフォンケーキは何度か繰り返してやっと
フワフワの美味しい仕上がりに近づけることができますが、
完璧なまでに美しく焼き上げるのはかなり難しいです。

数回作って、失敗が続いてしまうとついつい諦めたくなりますが、
それでも根気よく続けてコツをつかめば、
いつでも美味しいケーキが自宅で作れます。

美味しいシフォンケーキは、店舗で購入すると
結構な値段がしてしまいます。

クリームなどでデコレーションされた
ホールとなると3,000円程してしまうことも。

 

それが、いつでも自宅で手作りできるのであれば、
自分にとってもプレゼントとしても喜ばれますよね。

シフォンケーキの特徴は、何と言ってもフワフワの食感

型に生地を流し込み、オーブンに入れると
みるみるうちに膨らんでいくのがなんとも楽しい瞬間です。

生地を作る段階で失敗すると、焼いても膨らまなかったり、
せっかく膨らんだのにオーブンから取り出すと
すぐにしぼんでしまったり…といった残念な話を
よく耳にしますが、なんと膨らみすぎる!という失敗例もあるとか。

膨らめば一見成功に思えますが、膨らみすぎる失敗とは
どんなものなのでしょうか。

シフォンケーキが膨らみすぎる原因はなに?

スポンサードリンク

 

ホームメイドシフォンケーキを
一度で成功させられる人はそうそういません。

前回の失敗を反省して作り直しても、
また別の落とし穴に落ちてしまうこともあります。

 

そんな中、シフォンケーキが膨らむというのは、
ある意味成功しているのですが、膨らみすぎた場合に、
生地が型から飛び出してしまったり、
上部が焦げ付いてしまうことがあります。

なぜ膨らみすぎてしまうのでしょうか。

記事の量が多い

原因として考えられるのは、まず
型に対して生地の量が多すぎていませんか?

生地を流し込む際は、型の8割程度にしておきましょう。

それ以上だと、吹き出して爆発したような
出来栄えになってしまいます。

混ぜ方も大切

次に、卵黄生地とメレンゲはしっかり混ぜ合わせられていますか?

混ぜるとせっかく作ったメレンゲがなくなってしまうような、
もったいない感覚になりますが、混ざっていない
こちらも膨らみすぎの原因になってしまいます。

水分も大切

また、水分量が多いと、見た目は膨らみすぎで、
取り出してみると底上げ状態となってしまうこともあります

そして、膨らみすぎたことで、上部に熱があたり、
焦げ付くことがあります。

もしオーブンの中で膨らみすぎている!
と感じたときは、途中でアルミホイルをかぶせると、
上部の焦げを防ぐことができます

シフォンケーキを美しく完璧に作る方法!

 

シフォンケーキを美しく完璧に作るには、
自宅のオーブンにあった生地を作る必要があります。

シフォンケーキのレシピは実は何種類もあり、
レシピ通りにやってみたものの、水分量が多く
底上げになってしまったり、オーブンの温度が合わずに
焼き縮みしてしまったり…と失敗してしまうことも多々あります。

何度か作っていくと、自分に合ったレシピを
見つけることができて、適度に膨らんだフワフワの
美しいシフォンケーキに出会えるかもしれません。

 

ただ、どのレシピにも共通しているのは、
生地の混ぜ合わせ方です。

メレンゲをちょうど良い柔らかさに仕上げ、
卵黄生地としっかり丁寧に混ぜ合わせることがポイントです。

 

また、慣れないうちはプレーン生地から挑戦する方が良いでしょう。
抹茶パウダーやチョコレートなど、
別の材料が入ることで、水分量が変わり
失敗に繋がってしまうため、生地の調整が必要になります。

まとめ

 

シフォンケーキが膨らみすぎる原因は、
型に対して流し込む生地を8割以上
入れてしまっているからと考えられます。

 

また、メレンゲと卵黄生地がしっかり混ぜ合わされていない場合も、
膨らみすぎの原因となります。

 

もし膨らみすぎてしまった場合には、
上部が焦げ付くことがあるため、
途中でアルミホイルをかぶせると良いでしょう

 

完璧なシフォンケーキを作るためには、
何度か根気よく挑戦する必要があります。

自分に合ったレシピを見つけて
いつか完璧なシフォンケーキを作り出せるように、
この春、ぜひトライしてみてくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました