自転車の後ろ乗せはいつまでしていいの?小学生はダメ?注意点は?

子育て&ママ
広告

スポンサードリンク






子供の習い事の送迎やお買い物。

自転車があると
小回りがきいて便利ですよね!

特に子供が小さい時は、
子供乗せ付きの自転車は重宝します。

 

でも、たまに小学生を乗せているママを
見かける時ありませんか?

大きい子供を乗せると
バランスも取りづらそうだし、
なんだか危険な気がしますよね。

 

そもそも自転車の子供乗せって
何歳まで乗せていいものなのでしょうか?

自転車の後ろ乗せはいつまでしていいの?

スポンサードリンク

子供の後ろ乗せは
一体何歳まで使用可能なのでしょうか?

実は法律でちゃんと決まっているんです。

 

 

いつまで乗せられるかというと…

後ろ乗せできる年齢は6歳未満」です!

つまり5歳まで、
幼稚園の年長の途中までということになりますね。

小柄な小学低学年の子供なら大丈夫でしょう!
という方や、
実際に小学生を乗せている場面も
よく見ますが本当はダメなんです…。

小学生を後ろに乗せることは
法律でNGだということを
忘れないでくださいね!

 

また、製造メーカーの安全保障の基準としては
体重制限22キロ以下、身長制限115センチ以下
となっています。

実際にこれ以上の体格の子が乗ろうとすると、
かなり窮屈になってしまいますし、
運転する方もハンドルが取られて
転倒する可能性が高くなると思います。

 

法律と安全性の観点から、
6歳未満・そして22キロ以下、115cm以下
というルールは必ず守るようにしましょう!

 

自転車の後ろに子供を乗せる時や下ろす時に注意することは?

 

自転車の後ろ乗せは
法律で6歳未満と決められている
ということがわかりました。

 

ちなみに自転車の後ろ乗せは、
だいたい2歳半くらいから
使用する人が多いようです。

ある程度親の言っていること理解して
安定して座っていられる
という点が後ろ乗せデビューの基準に
なっているようですね。

 

では、子供を後ろに乗せる時と下ろす時に
注意しなければいけないことを
ご説明いたします!

子供を乗せる順番

安全のため、
子供の乗せ下ろしは、
必ず乗車直前または降車直後にしましょう。

子供を乗せたままの状態で
荷物の積み下ろしなどをすると、
バランスを崩して
自転車ごと倒れてしまう可能性があり
大変危険です!

また子供2人を
前後の幼児用シートに乗せる場合は、
先に後ろに乗せてから前に乗せる
バランスが崩れにくいです。

下ろすときはその逆で、
前の子を下ろしてから
後ろの子を下ろすと良いでしょう。

 

足置きをよじのぼらない

後ろ乗せデビューする
3歳前後の子供といえば、
段差があったらのぼりたい!
というお年頃なので、
後ろ乗せの足置きをステップにして
自分でヒョイっと乗ってしまうことがあります。

筆者の子供も、
教えてもいないのに
勝手に自分で乗るようになっていました。

しかし、これも注意が必要なのです!

製造メーカーによって
仕様が異なるのですが、
一部のメーカーでは
足置きをステップにして、
そこから子どもが自分で乗るのは
禁止事項になっています。

そもそも足置きは足を置くため、
車輪に足が巻き込まれることを
防ぐためにあるものなのです。

そこに体重を掛けても
大丈夫な作りにはなっていませんし、
片側に荷重がかかることで、
バランスを崩して
自転車が転倒する危険性もあります。

子どもが重くなっても、
親は抱きかかえて乗せることが基本です。

また、自分の購入した、
または購入予定の後ろ乗せシートは
どのような仕様になっていて、
どのような禁止事項があるのかを
確認をしておきましょう。

まとめ

小さな子供がいる家庭では
重宝される子供乗せ自転車。

法律で決まっている年齢制限を守ることはもちろん、
子供と自分の安全を一番に考え、
無理なく使用することが大切ですね。

 

そしてほんの一瞬でも、
どんなに近くても、
子供を乗せたまま自転車からは絶対に離れない!

自転車に乗るときはたとえ少しの距離でも、
必ず子供はヘルメットとベルトを着用する!
ということを守って、
親子の自転車タイムを楽しみましょう♫

 

タイトルとURLをコピーしました