黒豆に重曹を入れて煮るのはなぜ?体に害はない?なしの場合代用品は?

お菓子&お料理
広告

スポンサードリンク






黒豆を作ろうとレシピを見ると、重曹が書かれているものが多くて驚きますよね。

重曹を入れて煮る理由は、黒豆が柔らかく、早く煮ることができるからなんです。

さらに、アク抜きの効果もあるので、味も美味しく仕上がる優れものなんですよ!

重曹はお菓子や料理にも使われているので、健康を害する心配もありません。

でも、私は重曹と言われると掃除のイメージがあって、体に害がないと分かっていても重曹を入れることに抵抗があります。

そこで今回は、

  • 黒豆を重曹に入れる理由
  • 体の影響や重曹の代用品

についてあなたにシェアしますね。

黒豆に重曹を入れて煮るのはなぜ?味や体に影響は?

スポンサードリンク

黒豆に重曹を入れて煮る理由は3つあります。

1.早く煮ることができる

2.ふっくらと柔らかい黒豆に仕上がる

3.アク抜き

早く煮ることができる理由は、重曹の炭酸作用に関係しています。

重曹のアルカリ性の性質が、黒豆のタンパク質を分解してくれるので普通に煮るよりも、ずっと早い時間で煮あがるんです。

どれくらい差があるかというと、重曹を使わない場合は黒豆を煮る時間と寝かせる時間で、3日はかかります。

しかし、そこに重曹を使うと1日半で済むんです!

通常より半分の時間で作ることができるので、とっても楽になりますよね。

 

また、重曹の炭酸作用により、食材を柔らかくしてくれるので、黒豆もふっくらと柔らかく煮上がるんです。

同時に、アク抜き作用もあります。

 

重曹を使えば、初心者でも簡単にふっくら柔らかい美味しい黒豆が作ることができるんですよ。

 

でも、重曹って洗濯や掃除のときに使うイメージがあって、味や体に害がないか心配ですよね。

実は、重曹は料理に使われていることも多く、ベーキングパウダーとほぼ同じ成分をしています。

なので、健康を害する心配はないんですよ。

 

ただ、重曹は掃除用や薬用、料理用で分けて売られています。

料理用の重曹を買うようにしてくださいね!

また、大事なのは味の変化です。

重曹を入れすぎてしまった場合、苦くなってしまいます。

また、味に敏感な人はごくごく少量の重曹でも苦みに気づいてしまう場合もあります。

重曹の量に気をつけてくださいね。

黒豆を黒くつやつやに!重曹なしで作りたい時の代用品はある?

黒豆を煮る時に重曹を入れることに抵抗がある場合の代用品を調べてみたのですが、残念ながらありませんでした…。

重曹と成分が似ているベーキングパウダーは使えそうと思ったのですが、実は使えないんです。

重曹はアルカリ性ですが、ベーキングパウダーは中性。

中性では黒豆を柔らかくすることはできません。

 

ただ、重曹を使いたい目的が調理時間を短くすることだけであれば、圧力鍋が代用品になります。

通常なら黒豆を作る時、3時間から4時間ほど煮込む時間が必要です。

圧力鍋を使うと煮込む時間がたった25分で終えることができるんです。

圧力鍋を使うと煮込む時間を短縮することができるので、代用品に使えますね!

 

黒豆をふっくら柔らかくする目的で重曹の代わりを探している場合は、黒豆をしっかり水で戻すことと、通常より長めに煮ることが代わりになります。

重曹が無くては絶対に作れないということではありませんので是非試してみてくださいね。

まとめ

重曹を使うメリットが多くてビックリしましたね。

正直、洗濯や掃除に使われているイメージの重曹を入れて煮ることに抵抗がありました。

ですが、通常だと3日かかる黒豆作りが、重曹を使うことによって1日半で終わるなら使いたくなってきました!

初心者でも、ふっくらやわらかい黒豆が作れることも嬉しい重曹の作用ですよね。

 

ただ、重曹を入れすぎると苦くなってしまうので入れる量に注意して使いましょう。

もし重曹に抵抗がある場合でも、重曹は黒豆を煮るときに絶対に必要なわけではありませんので、入れなくても大丈夫です。

圧力鍋を使って煮込む時間を短縮したり、通常よりも長めに煮てやわらかく仕上がるよう工夫して、美味しい黒豆を作りましょう!

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました