ベイクドチーズケーキがひび割れる原因はアレ!防止策と復活方法も!

お菓子&お料理
広告

スポンサードリンク






自宅でも比較的簡単に作ることができる
ベイクドチーズケーキは、
手作りケーキの中でも人気のお菓子です。

実は、ベイクドチーズケーキは
味の失敗はしにくいのですが、
表面のひび割れによる失敗はけっこーしちゃいますよね!

 

せっかくのケーキですから、お友達にプレゼントしたい時もありますし、インスタにも上げたいし、自分たちで食べるにしてもやっぱり味だけではなく見た目もキレイなほうが嬉しいです。

 

ベイクドチーズケーキにひび割れが起きるのにはいくつか原因があります。

気泡によるものや温度差、型から出すときまで、ベイクドチーズケーキを焼く際には気をつけるべき事がたくさんあります。

順番に見て行きましょう!

また、贈り物などで、ひび割れができてしまったけれど作り直したりできない場合、
ひび割れを直す方法があると嬉しいですよね。

そこで、後半では、ひび割れの部分をサワークリームなどで埋めて修復する方法もご紹介します!

ベイクドチーズケーキがひび割れするのはなぜ?

スポンサードリンク

ではまず、ベイクドチーズケーキのひび割れの原因から見ていきましょう!

その次の章で解決方法をご紹介しますので、自分はどの段階で失敗しているのか?見てみて下さいね。

気泡でひび割れる

生地を豪快に混ぜ過ぎて気泡ができてしまうと、焼く時に生地が膨らみ過ぎて、ひび割れが起きやすくなります。

温度差でひび割れる

温かい材料と冷たい材料をいきなり混ぜて温度差ができてしまったりすると、ひび割れができやすくなります。

また、ケーキを焼き始めたら、加減を見るために何度かオーブンの扉を開けて確認することがありますが、キッチンが寒すぎたりするとその温度差でもひび割れすることがあります。

また、出来上がった後、すぐに冷蔵庫で冷やすのも急激な温度差を作り、ひび割れの原因になります。

生地が型にくっついてひび割れる

生地が型にくっついていると、ケーキが冷めながらしぼむ際に、型に引っ張られて、ひび割れしてしまいます。

上から落としてひび割れる

焼き上がった時、スポンジケーキのように上から落としたりしてはダメですよ!

ベイクドチーズケーキでそれをするとひび割れます。

 

ここまでベイクドチーズケーキがひび割れる原因について見てきました!

原因に思い当たる節はありましたか?

では、次はいよいよ、ベイクドチーズケーキがひび割れない方法を見て行きましょう。

ベイクドチーズケーキのひび割れ防止策は?

生地に気泡を作らない

生地に気泡を作りにくくするには、
材料を優しく混ぜることが大切です。

ハンドミキサーで思いっきり混ぜたりせず、手で優しく混ぜます。

そして、生地を型に入れ、焼く前に5センチくらいの高さから軽くトントンと落として気泡を抜くのも大切。

時間に余裕があれば、生地を冷蔵庫に入れて少し休ませると、グルテンのネバネバも落ち着いて、均一な口当たりの良い生地になります。

ただし、生地を休ませると冷たくなってしまいますので、焼き時間が長くなることがあります。

いかなる温度差も作らない

材料どうしの温度差をなくすため、卵は室温に戻しておき、バターも室温で柔らかくしておきます。

 

また、オーブンを開けて焼き加減を確認するのは、生地がきちんと膨らんで、上部まで焼き上がった後にしましょう。

 

そして、ベイクドチーズケーキが完成したら、すぐにオーブンから出さず、中で粗熱を取ります。

その後、ケーキの中央が少し凹んだあたりでオーブンから取り出し、更に室温で粗熱を取ります。

その後、ラップをかけて冷蔵庫に入れ寝かせると、どっしりとしたベイクドチーズケーキって感じの風味が出ます。

型から出すときも気をつける

型から出すときの生地の剥がれを予防するには、クッキングシートに油を塗った敷き紙を型の内側の底と側面に敷きます。

ステンレス製の型をお使いの場合は敷き紙を使用せず、型の側面(内側)にバターやマーガリン、ショートニングなどを薄く塗ると型離れが良くなります。

型の側面に生地が引っ付かないようにする

型の側面に生地がくっ付いていると、生地が冷めてしぼむ時に引っ張られてひび割れるので、先ほども書いたように、型にクッキングシートをしっかり敷くのはもちろん、冷ます前に、型と生地の間に包丁を入れておくのも、生地が型にくっついてしまうのを防げるのでオススメです。

ベイクドチーズケーキのひび割れを修復する!?

それでも、ベイクドチーズケーキにひび割れができてしまった!!

という場合には、なんと復活させることができます!

 

方法は簡単♫

サワークリームと砂糖とバニラエッセンスを混ぜ、チーズケーキのひび割れ部分を埋めてから全体に塗り広げます。

オーブンがまだ温かいうちであれば、その後10分程度焼けばOK。

室温より冷めてしまっていたら15分程度焼くと良いです。

 

これでかなり見た目が良くなりますよ〜!

でも、なかなかサワークリームを用意してるなんて事ないですかね。汗

まとめ

ベイクドチーズケーキのひび割れには
いくつか原因があります。

  • 生地の気泡
  • 材料どうしの温度差
  • 焼いた後の急激な冷却
  • 型離れの悪さ

などでしたね!

それぞれ工夫をすることにより、生地のひび割れを防止することができます。

それでもひび割れができてしまった場合は、サワークリームを使って修復することができますので、お試し下さい^^

 

あと、最後にこんな事言うのもあれなんですが、ベイクドチーズケーキのひび割れは手作り感があって美味しそう!という意見もけっこーあります。

ひび割れの仕方によってはそのままで良い事もあるかもしれませんね!

美味しくて綺麗なベイクドチーズケーキが作れますように。

 

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました