体操服の黄ばみを落とす方法!原因を知って自宅で真っ白に近づけるコツ!

学校のあれこれ
広告

スポンサードリンク






仕事がひと段落つく華の金曜日、子育てをするお母さんにとっては、1週間のなかで最も恐ろしい曜日ではないでしょうか?

なぜなら子供が汚れた白衣や体操服を、学校から持ちかえってくるからです…。

私も息子が持ちかえってきた体操着を見て、

「うわ、ここ土で黒くなってる…」

「げ、脇と首まわりが黄ばんでいる!」

など汚れを見てはげんなりします。

特に体操着に付いた黄ばみは手洗いしてもなかなか落ちないんですよね。

「新しいものを買おうかな…」

なんて頭をよぎるけど体操服って案外高い…。

 

今回は、そんなお母さんがたのピンチを救うためにも、
体操着の黄ばみを落とす方法を紹介しちゃいます!

落とすためにはまず 汚れの原因 から知りましょう。

体操服の黄ばみの原因は?

スポンサードリンク

体操服の黄ばみの原因はズバリ、
「皮脂と汗」です。

そもそも皮脂は肌を守るために分泌されるものです。

皮脂と汗が混ざりあい天然のクリームとなって肌を覆い、肌の潤いを守ると同時に、外部の刺激から守ってくれます。

決して悪いものではないんですよね。

 

ですが、この皮脂が体操服についたまま時間が経ってしまうと、皮脂が酸化して黄ばみなってしまうんです。

酸化はイメージしづらいですが、切ったリンゴを放置すると変色してしまうのと同じですね。

汗が原因となる理由はリポフスチンという色素が関係しています。

汗は、

  • エクリン汗腺
  • アポクリン汗腺

という2種類の汗腺から分泌されます。

エクリン汗腺は99%水分の無味無臭なのですが、アポクリン汗腺にリポフスチンという色素が含まれています。

この色素が服に沈着することで黄ばみになるんです。

黄ばみの原因は他にもいろいろあると言われていますが、大体の原因がこの皮脂と汗によるものです。

体操着が黄ばむのは避けられないんですね。

体操服の黄ばみを落として真っ白に近づける方法!

pastedGraphic_1.png

「黄ばみの原因は皮脂と汗によるものだとわかったけど、じゃあどう落としたらいいの?」と気になりますよね。

体操服を真っ白に近付ける方法は漂白剤を使って洗うことです。

 

漂白剤といっても、
酸素系漂白剤、塩素系漂白剤、粉末タイプ、液体タイプなどなど…。

いろんなものがありますよね。

どれを使っていいか悩むと思います。

 

おすすめなのは、
酸素系漂白剤の粉末タイプ(過炭酸ナトリウム)を使う方法です。

より洗浄力が高いのは塩素系なのですが、あまりに洗浄力が高いため生地が傷んでしまいます。

素肌に触れる服なので生地の痛みは避けたいですよね。

 

また、粉末タイプを使う理由としては、

  • 液体タイプより粉末の方が洗浄力が高いということ
  • 粉末タイプは弱アルカリ性のため皮脂を落としやすいこと

です。

皮脂は弱酸性のためアルカリ性である粉末タイプを使えば、中和して落ちやすいんです。

ちなみに液体タイプは酸性になります。

黄ばみを落とす方法

黄ばみを落とす方法は、

  1. まずは固形石鹸を使って体操服を手洗いする
  2. 40~50度くらいのお湯に粉末タイプの酸素系漂白剤を混ぜ体操服を入れる
  3. 2時間ほどつけ置きする
  4. 黄ばみが落ちているのを確認して通常の洗濯をする

という手順になります。

洗濯用の固形石鹸はこういうのです
↓↓↓

 

工程もそんなに多くないですし簡単ですよね。

ここで注意点が2つあります。

  • 必ずお湯でつけ置きすること
  • つけ置きする時間は2時間以上

です。

 

まずお湯でつけ置きする理由は、粉末タイプの酸素系漂白剤はお湯に溶けることで効果を発揮するからです。

ただ、温度が高すぎるとあっという間に酸素が溶け出してしまうので、40~50度で一定間酸素を出したほうが汚れに効きます。

逆に水温が低いと酸素があまり出ず、効きが弱くなってしまうので注意しましょう。

 

次に2時間以上つける理由は、粒がコートされているものがあるからです。

粉末タイプの酸素系漂白剤は酸素を出すことで汚れを落としますが、コートされていないものはわずか15分で酸素を出しきります。

一方コートされているものは、1時間から2時間の間に酸素を出すピークが続きます。

それ以降は緩やかに下がっていきます。

より汚れを落とすためにもできればコートされているタイプを使い、2時間以上つけ置きするようにしましょう。

コートされているかどうかは、特に明記されていないのでわかりにくいのですが、付け置き時間を調べて1時間以上のものはコートしてあり、15〜20分となっているものはコートなしと思って良いと思います。

付けおき時間が短いのはこちらのオキシクリーンですね。

こちらは付けおき時間が短いですが、洗浄力には定評があります。

以上が体操服の黄ばみを落として真っ白に近付ける方法です。

まとめ

  1. 黄ばみの原因は落としきれていない酸化した皮脂と汗から出る色素
  2. 黄ばみには粉末タイプの酸素系漂白剤がおすすめ
  3. お湯に溶かした粉末タイプの酸素系漂白剤に2時間以上つけ置きしてから洗濯する

 

お子さんも汚れている体操服より真っ白の体操着のほうが、気持ちいいし体育の時間も嬉しくなっちゃいます!

ぜひ体操服の黄ばみを落としてお子さんを喜ばせあげてください。

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました