クラス替えでカップルを離すことはない?決める時の重要事項がある!

学校のあれこれ
広告

スポンサードリンク






同じクラスの子と
カップルになると楽しいですね!

でも、クラス替えのある学校だと
来年も同じクラスになれるか
心配になっちゃいますね。

 

特に、カップルだということが
先生にもわかっているような場合、
学業に身が入らないなどの理由で
離されてしまわないか気になります。

 

 

クラス替えの際、カップルだという理由で
別々のクラスにされてしまうことは
あるのでしょうか?

結論から言うと、
「カップルだから」という理由で
クラスが離されしまうことは
ほぼありません。

それは、クラス替えを考える際、
先生方がどんな基準で
クラスの構成を決めているか、
知ると納得ですよ!

 

最初に言っちゃいます!
クラス替えで先生が最も重視するのは
「クラス間で能力の偏りが出ないようにすること」
なんです!!

テストの平均点や体育祭の成績など
学校では何かと
クラスごとに競わせることが多いため、
特定のクラスだけいつも成績が良いなどの
偏りを作らないことが重要です。

 

クラス替えでカップルだという理由で離すことはある?

スポンサードリンク

 

カップルだから、という理由だけで
クラスを離されることはほぼない
ということは分かりました。

 

ただ、授業に支障をきたすくらい私語が多いとか、
クラス全体の行動の時に
2人だけ皆と別行動をするなど、
団体生活にあまりにそぐわない言動が多いと
離されることもあります。

 

 

ただ、前の項目に書いた
「クラス間で能力の偏りが出ないようにする」
ことの方が優先です。

カップルだから支障があるかどうか、
という目で判断されるのは
ずっと後回しになります。

 

ただし、カップルを同じクラスにすることで
能力に偏りが出てしまう場合は
離されてしまうことがあります。

例えば、男子と女子の学年トップの
優等生同士のカップルとか、
同じ部活の男子と女子のエース同士、
といった場合です。

また、あまり多いケースではないですが、
合唱コンクールなどの行事のため
「ピアノを弾ける生徒をクラスに1人は入れる」
といったことも考慮されます。

カップルのどちらもピアノが弾けて、
他にあまりピアノを弾ける生徒がいない場合
クラスが別々になる可能性があります。

 

クラス替えを決める時はどんな事を基準にしているの?

 

クラス替えを決める時の一番大きな原則は
「能力に偏りが出ないよう生徒を振り分ける」です!

 

能力というのは、
学力だけではなく
運動能力、所属部活
といった面が考慮されます。

 

また、ピアノを弾ける生徒をなるべく
各クラスに1人は入れることも
割と重要です。

 

また、これらの基準は、
学校が何かとクラス別に
競わせることが多いためなので、
ムードメーカー、リーダータイプの生徒も
各クラスに分散されます。

 

また、はっきりした
決まりがあるわけではありませんが、
双子や親戚なども別々のクラス
分けられることが多いです。

双子は先生やクラスメイトが
間違ってしまったりして
混乱の原因になりますし、
本人たちも間違われたら嫌な気持ちになります。

それに比べると、親戚というだけでは
あまり支障がなさそうに思えますね。

 

ですが、
身内ということで遠慮がなく、
学校なのに大喧嘩をしてしまったりすると困るから
という理由で離されることがあります。

 

交友関係が考慮されるのはその後になります。

特に、よほど授業の妨げになることがなければ
仲良しかどうかはあまり判断の材料には使われません。

 

ですが、いじめがあるような場合は
関係者をバラバラのクラスに分けたりします。

 

また、不登校であったり、
心身に疾患がある、
家庭環境が複雑など、
担任が細やかに対応する
必要のある生徒は、
ひとつのクラスに集中しないよう
分散されます。

 

まとめ

 

カップルの生徒どうしが、
「カップルだから」という理由で
クラス替えの時に離されてしまうことは
ほぼありません。

 

クラス替えの時に最も重要視されるのは
「クラス毎の能力に偏りがないよう生徒を振り分けること」
です。

 

従って、カップルの2人が
どちらも成績がトップとか、
部活の成績が良い、ピアノが弾けるなど
能力の偏りを生じさせる組み合わせである場合は、
クラス替えで離されてしまう可能性があります。

 

また、授業に支障をきたすくらい私語が多いなど、
よほどのことがなければ、
交友関係を理由に
クラスを離されることはありません

 

カップルの相手と同じクラスになれたら嬉しいですが、
別々になったとしても
「カップルだから」という理由ではありませんよ!

タイトルとURLをコピーしました