就活でパンプス以外は印象が悪い?ローファーやぺたんこ靴はダメ?

就活
広告

スポンサードリンク






就活をする際は、履き慣れないパンプスで歩き回ることが多いですよね。

そうすると足が痛くなってしまってローファーや、ヒールのないぺたんこ靴を履きたくなります。

しかし、
一般的に女性の就活の身だしなみは「パンプス」が好ましいとされています。

 

履いている靴は採用に関わってくるのでしょうか?

今回は、
就活でパンプス以外の靴を履く場合のの企業の印象と、今話題の「#KuToo運動」について詳しく説明します。

ぜひ最後までお読みください。

就活にパンプス以外を履くと企業にとって印象が悪い?ローファーやぺたんこ靴で落とされることはある?

スポンサードリンク

就活にパンプス以外を履くのは、基本的にはいい印象を与えません。

靴はその人をあらわす部分とも言われているので、正しい身だしなみが出来ていないとマイナスな印象を与えてしまうでしょう。

動きまわっても疲れないようにローファーやヒールのないぺたんこ靴を履きたくなりますが、どちらもカジュアルな印象になってしまうので就活には向きません。

特にローファーは印象が悪くなってしまう可能性が高いです。

ローファーは革靴なので、きちんとした靴と思われている事もありますが、実はカジュアルなシーンで使われる靴なので、面接などのフォーマルな場所ではビジネスマナー違反にあたります。

 

さらにローファーとは英語で「怠け者」を意味します。

そういう事を知っている人には、不快な印象を持たれてしまいかねません。

履き慣れなくてツライでしょうが、パンプスを履くようにしましょう。

 

しかし、ローファーが例外的にOKとされる場面もあります。

例えば私服指定の面接や、服装にこだわりのない企業は、基本的にオフィスカジュアルの服装が求められています。

この場合、ローファーはその範囲内です。

また、就職先がアパレル・美容系の場合はカジュアルな服装でも認められているので、おしゃれなローファーを履いても問題はないでしょう。

このように相手の企業や業種、面接で指定された服などで異なります。

 

金融系など、スーツやきちんとした服装が必須の企業の面接にはパンプスで行くのがオススメです。

金融系などでも、中には靴なんて注目して見た事ないという面接官もいるようですが、念には念を入れて面接に臨むのがオススメです。

この靴で大丈夫かなあ、、なんて不安を抱えながら受けると、良いパフォーマンスが出せなそうですよね。

 

あなたの受ける企業はどうでしょうか?

TPOに合わせて靴を選ぶようにしましょう!

痛くならないパンプス!

最近はパンプスも進化していて、こちらのように、走れるレベルのパンプスも出ているんですよ。

こちらは、ヒールが高すぎず、つま先もラウンドトゥで、甲の部分も深すぎず浅すぎない形で、就活にもオススメのパンプスです。

#KuToo運動って知ってる?

あなたは「#KuToo運動」をご存知でしょうか?

#KuToo(クートゥー)は、「靴」と「苦痛」という言葉をもじった造語といわれています。

1人の女性のツイートをきっかけに議論が広がり、女性に対して職場で着用する靴にハイヒールやパンプスを強制することを禁止するよう求める運動のことなんです。

日本国内で支持を広げて2019年6月には約1万9000人の署名が集まり、厚生労働省に提出されました。

ヒールの長時間の着用は、腰痛や足の変形などの健康障害をもたらす恐れがあるので、医学界も警告してくれています。

今後就活や会社でパンプスが当たり前だった常識はなくなっていくでしょう。

まとめ

履き慣れないパンプスで歩き回ると、かかとの皮がむけて血だらけになったり痛くなったりしますよね。

ローファーやヒールのないぺたんこ靴を履きたくなりますが、残念ながら就活の場合はビジネスマナー違反になってしまいます。

もちろん面接の時の履いている靴で判断をしない企業もありますが、不適切だと判断されることも多くあります。

どの企業がどう判断するか見分けることは難しいので、ツライですがパンプスを履くようにしましょう。

面接をする会場に着くまでヒールのないぺたんこ靴を履いて、近くまで来たらパンプスに履き替えるなど対応をするようにしてくださいね。

 

しかし、そんなパンプスの強制をなくそうと「#KuToo運動」をしている方々もいます。

女性に対して、職場で着用する靴にハイヒールやパンプスを強制することを禁止するよう求める運動なんですよ。

今後就活でパンプスが当たり前だった常識がなくなるかもしれませんね!

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました