自転車はいきなり補助輪なしで始めても大丈夫?子供にどう練習させる?

疑問解決方
広告

スポンサードリンク






子供に自転車の練習をさせてあげたいけど、
最近補助輪付きの自転車に乗ってる子、
あんまり見ない気がしますよね。

 

補助輪付きの自転車をすっ飛ばして、
いきなり補助輪なしの自転車から
練習を始めることってできるのでしょうか?

 

筆者の経験談と、
オススメの練習方法をご紹介いたします!

 

自転車はいきなり補助輪なしで始めても大丈夫?

スポンサードリンク

 

自転車に乗り始める年齢といえば、
だいたい4歳から5歳、
年少から年中くらいの子が多いかと思います。

まだまだ体格が小さい子も多い年代ですが、
それくらいの歳の子でも
いきなり補助輪なしの自転車に乗ることは
可能なのでしょうか!?

 

答えは…可能です!

もともとの運動能力や
子供がどれだけ興味を持つかにもよりますが、
ほとんどの子が乗れるようになります。

 

 

我が家の年長になる娘は、
小さい時から体型はポッチャリ気味。

走るのも遅くて、
どちらかと言うと運動が苦手な子です。

そんな娘でも2歳半の時に
周りのお友達にすすめられて始めた、
とある遊びがきっかけで、
その後4歳で補助輪なしの自転車に
すぐに乗れるようになったんです!

その方法は後ほどご紹介しますね。

 

そんなわけで、
いきなり補助輪なしでも
自転車に乗れるようにはなりますが、
まず第一段階として、
どんな自転車を選ぶかも重要になってきます。

 

はじめての自転車を選ぶ際の注意点は、
体に合ったサイズを選ぶ」ということ。

すぐに成長していく時期だからと
足が地面につかない自転車を買うのは危険です。

どうしても初めは不安定なので、
自転車の乗り始めなどに
転ぶことも多くあります。

大きな怪我をすると
トラウマになって自転車に対して
怖いイメージが定着してしまうので、
しっかりと両足が地面につくサイズを選びましょう!

 

いきなり補助輪なしで自転車に乗せたい!オススメの練習方法は?

 

数年前まで自転車の練習といえば、
まず最初に三輪車に乗ったり、
補助輪付きの自転車に乗る
ということが一般的でした。

しかし最近では、
ストライダーをはじめとする
バランスバイク」とよばれる、
ペダルなし自転車からスタートするのが
主流になってきています。

 

私の娘が練習した方法も、
このバランスバイクなんです!

ペダルなしのバランスバイクは、
サドルに座って
両足がしっかり地面に着く状態で
歩くことから始めます

最初はフラフラとぎこちなく歩いていても、
だんだん慣れてくると
両足でトーントーンと地面を蹴り、
足が浮く状態が長くなります。

そして徐々に左右の足で
蹴りながらスイスイ乗れるようになるんです。

これが正に自転車に乗るための準備段階!

こうしてたくさん遊ぶことで
自然とバランス感覚が身につき、
補助なし自転車に
スムーズに移行しやすくなります。

 

近所の子供たちも

「バランスバイクを
上手に乗りこなせるようになったら、
補助なし自転車に
いきなり乗れるようになった!」

という子がほとんどです。

 

できれば2歳ごろから
このバランスバイクに
慣れておくことがオススメです!

 

でも
「バランスバイクは買うつもりないよ〜!」
という方も大丈夫。

補助輪なしの子供用自転車を購入したら、
まず最初にペダルを外して、
バランスバイク風自転車にしてしまうんです!

バランスバイクを使っていた子も
初めての自転車は大きさも重さも違うため、
最初はうまく操ることが難しいので、
この方法をオススメします。

 

では次に練習のすすめ方をご紹介します!

まずはバランスバイクと同様に、
両足で地面を蹴る練習からスタートです。

その後、補助輪とペダルを外した自転車で
バランスバイクのように加速して、
しばらく走れるようになれば、
いよいよペダルを自転車に付けて走らせます。

 

ペダルを付けたら片足をペダルに乗せて、
もう片方でケンケンしながら進みます。

勢いをつけたところで
両足をペダルに乗せます。

そのまま勢いだけで
できるだけ遠くまで走るようにします。

 

この練習をすることで、
ペダルに足を乗せる→ペダルを回す
という基本の動作を、
慌てずゆっくりできるようになります。

 

これができるようになったら、
いよいよペダルをこぐ練習に入ります。

勢いをつけて両足がペダルに乗ったら、
ペダルを前に回します。

ペダルを踏み込むと勢いがつき、
ペダルをこぐほど
バランスが安定することがわかってきます。

練習中は、
子供が下を見ないように
声をかけてあげます

視線が下がると車体が安定せずに
転んでしまう危険性があるんです。

下を見ないで遠くを見ることが大切です!

ぐっとペダルを踏み込んで
安定して進む感覚がつかめれば、
スイスイ乗れるようになりますよ!

 

まとめ

補助輪無しですぐに
自転車に乗れるようになるかは個人差があり、
時間がかかる場合もあります。

でも、必ず乗れるようになります!

なかなか乗れるようにならないと
親の方がイライラしたり焦ってしまいますが、
ちょっとしたタイミングでコツをつかむと、
一気に乗れるようになるのが自転車です。

 

親としては子供の気持ちを盛り上げつつ、
まずは遊びでバランスバイクを取り入れて
サポートしてあげると上達も早いですよ!

 

タイトルとURLをコピーしました