おみくじで凶を引いた!その後悪いことは起きた?恐れなくて大丈夫!

スポンサーリンク

初詣で運試しにおみくじをひく方は多いと思います。

私も毎年家族で引いていますが、今年一年の運気を左右するような気がしてどきどきしますよね。

おみくじですから、やはりいい結果ばかりとは限りません。

大吉を引く人もいれば、凶を引く人もいることでしょう。

 

おみくじで凶が出たら誰しもがショックを受けますよね。

もう今年は最悪な一年になるんじゃないかと、心配することでしょう。

しかしながら、
そんなに恐れる必要はありません。

凶を引くということが、その一年が最悪だという意味ではないからです。

詳しく説明していきますね。

スポンサーリンク

おみくじで凶を引いたらやばい?その後悪いことは起きるの?

[quads id=1]

おみくじとは、
【神仏の意思】を知るためのもの、つまり、
【神様、仏様からのありがたいお告げ】ですので、占いとは違うものです。

凶を引いてしまったとしても、神仏からありがたいお言葉をいただいていることに変わりはありません。

 

また凶には、
今がこれ以上下のない状態、すなわち底だからこれからは上がるしかない、という意味もあります。

「凶を引いたってことはもうこれからは良くなるだけだからラッキー!」という人もいますよね。

内容も悪いことばかりではない!

内容についても、悪いことばかり書かれているわけではないようです。

凶を引く確率は1割から、多いところで3割と言われていますから、
少なくとも10人に1人は凶を引いているということになります。

実際、
私の母は二年連続で凶を引き、やはりその時は大変ショックを受けていましたが、
その後特に悪いことが起こることもなく無事に二年間を過ごしていました。

むしろ、凶を引いたことで慢心することなく生活できたのでよかったと言っていましたよ。

大吉だったときよりも、凶だったときの方が運がよかった気がすると言っている人もいたので、吉凶どちらであったとしても、捉え方次第で変わるのかもしれませんね。

おみくじで凶を引いた時にやるべきことは?

おみくじを引いた時にどうしても気になってしまうのが運勢ですが、おみくじには運勢の他にも、和歌や細かい項目の中に心掛けるべきことや注意するべきことなども書かれていますよね。

大切なのは運勢の吉凶よりも、その内容を大切にして行動することです。

その年の行動指針として心に留め、時には戒めとしていくことが大事です。

悪いおみくじは結ぶべき?

また、良い結果のおみくじは持ち帰り、悪い結果のおみくじは神社やお寺内の指定の場所に結ぶ、という風に言われていたりしますが、実際は、どちらでも良いようです。

自分自身への教訓として日々持ち歩き、定期的に読み直すのもいいですし、結んで帰ってももちろんいいです。

おみくじを結ぶのは神様や仏様と縁を結ぶためや、凶という運勢をその場に留まらせるためだと言われています。

また、利き手と違う手で結ぶと吉に転じる、という説もありますよね。

 

境内におみくじを結ぶのを禁止しているところもあるようなので、そういったところでは結ばずに持ち帰りましょう。

当たり前ですが、破り捨ててしまったりするなどぞんざいに扱ってはいけません。

持ち帰ったおみくじは翌年、お礼も込めてきちんと納めるようにしましょう。

 

ちなみにおみくじを無くしてしまった時って、
なにか縁起が悪いんじゃないか、、と心配になりますよね。

そんな時はこちらの記事をぜひご参考にされてください!

災いがあるかも!?おみくじを落として無くした時の対処法!?

 

そして、ここまで読んでもやっぱり凶って気になる、、
おみくじをもう一度引いても良いのかな?と思ってしまう方もいらっしゃると思います。

そんなあなたはぜひこちらの記事も読んでみて下さいね〜

おみくじを1年に何回も引くのはあり!?効果はどうなる!?

まとめ

おみくじで凶を引いてしまったとしても、神仏からのありがたいお告げをいただいたということなので、落ち込む必要はなく、むしろ凶の今、これから上昇する兆しだとも言えるかもしれません。

真摯に受け止め、内容をしっかり読み、気を引き締めて生活していくことで、自ずと道は開かれていくのではないでしょうか。

一年の始まりにどんよりとした気分になることなく、前向きに捉えて生活していきましょう。

是非、参考にしてみてくださいね。

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました