ドーランとは?ファンデとの違いと塗り方や落とし方!代用もできる?

生活・疑問解決方
広告

スポンサードリンク






ハロウィンなどのイベントで白塗りメイクをするときには、
「ドーラン」という化粧品が使われます。

名前は聞いたことがあっても、ドーランとは一体何なのか、どうやって塗る・落とすのかが分からないと、白塗りメイクに使うのはちょっと不安ですよね。

今回、白塗りメイクをするためのドーランの情報を調べたところ、
次のことが分かりました!

  • ドーランは舞台役者用の化粧品
  • ドーランとファンデーションの違いは油分の多さ
  • ドーランはクレンジング剤で落とすことができる
  • ドーランは家にあるもので代用可能

これから、詳細についてお伝えしていきますね!

ドーランとは何?ファンデとの違いは何?塗り方や落とし方も!

ドーランとはそもそも何なのか、同じ肌に塗るものでも、ファンデーションとは違うのかなど、白塗りメイクすることを考えると色々と疑問が浮かんできますよね。

また、塗り方や落とし方も気になるところだと思います。

順番に解説していきますね!

ドーランとは何?

ドーランとは、主に舞台役者が使うベースメイク用の化粧品です。

  • 歌舞伎役者の白塗り
  • ミュージカル俳優のフェイスペイント
  • 男性芸能人のひげ隠し

これらのことに使われている化粧品がドーランです。

ドーラン=白塗りというイメージが強いですが、実は色々な色があって、TVに出ている芸能人の肌をキレイに見せるためにも使われていることがあります。

芸能人の肌がツルンとして美しく見えるのは、ドーランのおかげなんですね!

 

ちなみに、最近ではイベントでの仮装やコスプレで使われることも多いですよ。

ドーランとファンデーションの違いは何?

ドーランとファンデーションの決定的な違いは、
「含まれている油分の量」です。

ドーランにはファンデーションよりも多くの油分が含まれていて、それによって使い心地も変わってきます。

 

ファンデーションとドーランの使い心地を比較をしてみると、次のようになりました。

カバー力の高さ ファンデーション<ドーラン
肌へのやさしさ ファンデーション>ドーラン
崩れにくさ ファンデーション>ドーラン
汗への強さ ファンデーション<ドーラン

ドーランはカバー力が高く汗にも強い化粧品ですが、その分崩れやすく、肌負担が大きいことが特徴です。

いくらカバー力があっても、肌負担が大きいと日常生活で使うのはちょっと心配ですよね。

 

毎日メイクではファンデーションを使用して、ハロウィンなどのイベントでのみドーランを使用するというように使い分けることがおすすめです。

ドーランの塗り方

【ドーランを塗る手順】

①化粧水で肌の状態を整える

②下地を顔全体にうすく塗る

※ドーランは基本的には下地なしで塗る化粧品ですが、肌負担が気になる場合には下地を塗ってください。

②濡らしたスポンジでドーランを顔全体に塗る

※水に濡らし固く絞ったカットスポンジを使用して、軽く叩くように肌にのせていってください。

③フェイスパウダーをはたく

※ドーランは油分が多く崩れやすいため、

仕上げには必ずフェイスパウダーをはたいてください。

手順は普通のファンデーションとそれほど変わりありませんね!

 

ただし、ドーランの場合、ファンデーションよりも塗りムラがあると目立ってしまうことが多いので、なるべく均等に塗ることを意識しなければなりません。

スポンジにつけるドーランの量を調整して、なるべく均一に肌にのるようにしていきたいですね。

ドーランの落とし方

【ドーランを落とす手順】

①ポイントメイクを落とす

※ドーランを落とす前に、アイメイクやリップメイクなどのポイントメイクを先に落としておきましょう。

②クレンジング剤を使ってメイクを落とす

※ドーランを一番落としやすいのはドーラン専用のクレンジング剤ですが、オイルクレンジングやクリームクレンジングでも代用することが可能です。

③スキンケアを念入りに行う

※ドーランは肌負担が大きい化粧品です。

落とした後には、必ずいつもよりも念入りなスキンケアを行ってください。

ドーランは肌への負担が大きい化粧品のため、しっかりと落としきることが大切です。

ファンデーションと比べると落ちづらいですが、丁寧に時間をかけて落としきるようにしてくださいね。

ドーランは何かで代用もできる?

スポンサードリンク

ドーランは、

  1. リキッドファンデーション+ベビーパウダー
  2. 日焼け止め+白いファンデーション

で代用することができます。

1.リキッドファンデーション+ベビーパウダー

リキッドファンデーションを塗った上から白いベビーパウダーを重ねることで、白塗り風メイクを作り上げることができます。

リキッドファンデーションを使う際には、できる限り白に近い色を選ぶことをおすすめします。

リキッドファンデーションもベビーパウダーもドーランと比べて高価なものではないので、費用の面でもハードルがぐっと下がりますね。

2.日焼け止め+白いファンデーション

白浮きする日焼け止めを塗った上から、一番明るいファンデーションを塗ることで、血色の悪い白い肌を作ることができます。

日焼け止めの中には、肌に塗ったときに白くなってしまうものもありますよね。そんな普段はちょっと残念な日焼け止めが、白塗りメイクでは活躍してくれますよ。

 

このように、ドーランがなくても、お手頃で手に入りやすいアイテムを使って白塗りメイクをすることが可能です!

まとめ

ドーランの特徴やファンデーションとの違い、落とし方や塗り方、代用方法をお伝えしていきました。

  • ドーランは舞台役者用の化粧品
  • ドーランとファンデーションの違いは油分の多さ
  • ドーランはクレンジング剤で落とすことができる
  • ドーランは家にあるもので代用可能

ということが分かりましたね!

ドーランはファンデーションと比べて肌負担が大きいため、イベントのときのみ使用することをおすすめします。

また、他の化粧品で代用することもできるので、価格や肌負担を考えながら、ご自身に最適な方法で白塗りメイクを楽しんでみてください!

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました