マスクで肌荒れ?すっぴんと化粧した時はどっちが肌に悪いの?

疑問解決方
広告

スポンサードリンク






コロナやインフルエンザなど感染症の予防、花粉症、
また最近ではすっぴん隠しにもマスクを着用する人が増えていますね。

マスクをしていれば感染症や花粉症予防にも少しは安心できますし、
休日のちょっとした外出に、
いちいちお化粧をせずマスクをさっと付けて出かけられたら便利です。

 

ただ、
すっぴんでマスクを着用する場合

直接マスクが肌に当たるわけですが、
そのことによって肌荒れするということはあるのでしょうか?

お化粧が皮膚の保護になるとすれば、
すっぴんだとマスクからの摩擦などの刺激がダイレクトにきてしまってお肌に悪いのかな?と思えます。

でも、
お化粧している場合だと、マスクにお化粧品が付いたりして不衛生で菌が繁殖したりしないかな?とも思いますよね。

 

  • マスクはすっぴんに付けるのとお化粧したお肌につけるのとどっちが肌に良いの?
  • お肌に良いマスクのつけ方はないの?

という疑問に、お答えします!

また、ある物をマスクの下に塗ることでお肌を保護することができますので、
そちらについても詳しくご紹介していきますね^^

 

今後当面の間、
マスクを着け続ける日々を過ごすことになりそうですよね。

なるべくお肌に優しいマスクの着け方をマスターしておきましょう!

すっぴんにマスクとお化粧にマスク、どっちが肌に悪いの?

スポンサードリンク

すっぴんマスク

すっぴんでマスクを着用すること自体は基本問題ありません。

マスクを着用すると、
ホコリや花粉からお肌を守ってくれます。

しかも、
息が程良い水蒸気になってお肌が保湿されるんです。

 

しかし、何もお手入れをしない
素肌のままでは無防備すぎます。

皮膚を摩擦や乾燥から守るために、
保湿効果のあるスキンケア、
つまり化粧水や美容液、乳液はしっかりと付けてから
すっぴんマスクをするべきです。

お化粧マスク

もちろん、
お化粧をした状態でマスクをすることも問題ありません。

むしろ、
お化粧によってマスクとの摩擦が軽減されるので、
すっぴんよりも良いとされています。

 

ただし、毛穴をすっかりふさいでしまうほどの厚化粧では皮膚呼吸を妨げ、さらにマスクの蒸れで雑菌を繁殖させたりしてしまいますので厚化粧には注意です。

 

マスクによる肌荒れは、

  • マスクが肌に擦れることによって起こる摩擦
  • マスクの中が蒸れることで起こる不衛生
  • 自分の息による水蒸気が蒸発を繰り返すことによって起こる乾燥

が、原因で起こります。

すっぴんに保湿をしてからマスクをすればまだマシになりますが、
やはりマスクから起こる肌荒れの原因をより防いで守ってくれるのは、
お化粧をしている時です。

薄くお化粧をしてからマスクを着けて、
1日の終わりにはしっかりとお肌のケアをしてから寝るのが重要となってきます。

元々ニキビや肌荒れがある場合はマスクはNG

すっぴんであろうが、お化粧をしていようが、
マスクをしているとマスク内の温度や湿度が高い状態が続きます。

そうなるとお肌に雑菌が繁殖しやすい環境になるんです。

これはニキビなどの肌荒れが悪化する原因になってしまうんですね。

また肌荒れを起こしている時に、マスクとお肌に摩擦が起こるのも、
更に肌荒れを悪化させることに繋がりますので、肌荒れしている時はなるべくマスクはつけない方が良いですよ。

マスクをするなら薄化粧をして

しっかりと保湿をした後に、
厚すぎないお化粧をしてマスクを付けるのが一番お肌に良いです。

どうしてもすっぴんでマスクを付ける場合も、せめてきちんと保湿はしておきましょう。

これがポイントですよ!

マスクでの肌荒れにはワセリンがいい!乾燥に効く塗り方!

マスクを付けている間、
マスクの中は呼気などの水蒸気で軽く湿っていますが、定期的に肌の水分が奪われ時間が経つと段々と乾燥して来てしまいます。

そこで、
皮膚から水分が逃げないように表面を覆い、
摩擦などの刺激からも守ってくれる一石二鳥の強い味方があります。

 

それは、ワセリンです!

マスクに覆われていて、
肌荒れを起こしやすい口の周囲や、
ゴムが当たる部分などに薄く伸ばして塗るだけなので簡単。

 

ワセリンは皮膚の表面を
保護するベールを作ってくれますが、
皮膚の内部には浸透しないので
厚く塗っても効果は変わりません

 

ベタベタし過ぎて不快な場合は、
ワセリンを塗った後にティッシュなどで
軽く押さえてオフしても大丈夫。

 

食事などでマスクを外した後や
お化粧直しなどの際には
こまめに塗り直しをすることが大事です。

オススメはこちらのベビーワセリン
チューブタイプで出しやすく柔らかいのでとっても塗りやすいです。
赤ちゃんにも塗ってあげられる程お肌に優しいですよ〜

 

ただ、ベビーワセリンだと、
石油っぽい匂いが気になるという方もたまにいます。

私は特に気になりませんが…
元々石油っぽい匂いが好きだからでしょうか。

匂いに敏感な方はこちらのサンホワイトがオススメです。
無香料で匂いが苦手な方でも大丈夫です。

マスクで肌荒れが起こる原因は何?

先でも少し触れていますが、
マスクで肌荒れを起こすのにはいくつか原因が考えられます。

原因を知って、お肌に与えるダメージを最小限にしましょう!

摩擦&サイズが合っていない

まず、摩擦によるものです。

着用するときにはマスクをきちんとフィットさせたとしても、
顔は話をしたりしてよく動きますのでマスクと皮膚が擦れてしまいます。

更に、
マスクのサイズが合わない
と摩擦が起きやすくなるため、
肌荒れの原因になりやすいです。

また、
耳が痛くなるのもサイズが合っていないということになります。

自分に合った大きさのマスクを探すことは必須ですね。

あとは、
耳にかけるゴムが細いとマスクがズレやすく摩擦が起きます。

温度と湿度

温度や湿度の影響でも皮膚が荒れてしまいます。

例え外が寒くてもマスクの中は呼気などで湿った状態になり蒸れてしまいます。
夏であればマスク内が蒸れているのをしっかりと感じて不快ですよね。

 

蒸れが生じるとマスク内で雑菌が繁殖してしまい、
ニキビなどの原因になることもあります。

やはりマスクをずっと連続して付けているのはお肌に良くないので、
取れる時は取ったり、一日中付けていなければいけない場合は、途中でマスクを新しいものに替えることも必要になってきますね。

ニキビができにくいマスクやマスクの付け方については、
こちらで詳しくご紹介していますので、ニキビが気になるあなたは読んでみてくださいね。

すっぴんにマスクはニキビに悪い?どんなマスクを選べば良いの!?

素材

マスクの素材も、
肌に優しいものと荒れの原因になるものがあります。

 

現在主流の使い捨てマスクは不織布でできているため、
綿などのガーゼのマスクに比べると肌荒れを起こしやすいです。

なので、
敏感肌用や保湿効果があると表示されているマスクを選びましょう

 

オススメはシルク製のマスクです。

シルク(絹)は抗菌作用が高く、雑菌の繁殖を抑え紫外線をカットする効果もあると言われているんですよ。

肌に優しく保湿、吸湿性も高い天然素材のシルク製マスクが、
肌荒れ防止にはオススメです。

 

また、
素材に「ヒアルロン酸・コラーゲン・ヒオウギエキス」浸透させた保湿素材、オアシスロードを使用しているマスクもあります。

マスクをしながらスキンケアまでできちゃうなんて良いですよね。

 

また、殺菌効果をうたったマスクもありますが、
殺菌のために付いている成分が肌荒れの原因になることがありますので要注意です。

マスク除菌ケースが美容にもオススメ!

私はニュースでオススメしてるのを見たんですけど、
今各メディアで話題なんだそう。

なんとこちらのケース、
マスクを除菌+乾燥しながら持ち歩けるんです!

また、食事中にマスクを置く場所にできて、
更に除菌+乾燥もできるという優れもの。

この記事でも、マスクの中が蒸れたり、中で菌が増殖することで肌荒れやニキビに繋がりやすくなりますとご説明してきましたね。

外したマスクはこのマスク除菌ケースで除菌&乾燥させれば、
蒸れも菌も撃退できて、お肌に安心して付けられるようになりますよ^^

まとめ

マスクを付ける時はお化粧をしている方が、
摩擦などによる肌荒れを防げるのでオススメです。

毛穴がふさがって蒸れたりしないよう薄めのお化粧にしましょう。

 

マスクで肌荒れを起こす原因は、

  • 摩擦によるもの
  • マスクの素材が合わないこと
  • 乾燥によるもの
  • 呼気などの湿気で雑菌が繁殖しやすい環境になること

などが考えられます。

 

どうしてもすっぴんでマスクを付けたい合は、
皮膚がダイレクトに刺激を受けないよう
保湿剤などでケアしておくことが大事です。

 

マスクでの肌荒れを予防するには
ワセリンを塗っておくのが効果的です。

 

お肌に優しいシルク製や、
お肌のケアをしながら着けられるマスクも出ていますので、
そういった機能性マスクを使うのもとってもオススメですよ^^

 

マスクは日焼け防止にも使るのをご存知ですか?

こちらの記事で詳しく解説していますので、
これからの季節の参考にしてみてくださいね!

マスクは日焼け止めになる!?塗る日焼け止めとどっちが効果的なの?

 

タイトルとURLをコピーしました