クッキー生地を寝かせないとどうなる?理由と寝かせないレシピも!

お菓子&お料理
広告

スポンサードリンク






クッキーのレシピを見ると
「一晩寝かせる」「1時間冷蔵庫で冷やす」など生地を休ませることが書かれていますよね。

「時間を置かないといけないなんて面倒…」「そんな時間がない」と思うかもしれませんが、これも大事なクッキー作りの工程の一つなんです。

できれば生地を寝かせる時間を作ってくださいね!

こちらの記事では、
クッキーの生地を寝かせないとどうなるのか?について詳しく説明します。

「どうしても時間がない!」という人のために、寝かせないクッキーのレシピもご紹介しますね!

ぜひ最後までお読みください。

クッキー生地を寝かせないとどうなる?なぜ寝かせるの?

スポンサードリンク

まずクッキー生地を休ませる理由を3つご紹介します。

グルテンを落ち着かせる

1つ目は小麦粉に含まれているグルテンを落ち着かせるためです。

グルテンは水と力を加えることにより、ゴムのような粘弾性のある固い物質に変化します。

そのグルテンを休ませて落ち着かせることでサクサクのクッキーに仕上げることができるんですよ。

もしクッキー生地を休ませなかった場合は、本来のクッキーとは離れたしっとり触感になってしまいます。

生地のムラをなくす

クッキー生地を休ませる理由の2つ目は、生地のムラをなくすことができるからです。

クッキー生地を休ませることで水分や油分が均一になり、味のムラもなくし、材料をなじませることができるんですよ。

材料がなじんでいないと風味や触感が悪くなってしまいます。

またその場合、見た目もデコボコな残念な仕上がりになってしまいます。

せっかくなら、おいしくて見た目もいいクッキーにしたいですよね。

生地がだれるのを防ぐ

クッキー生地を寝かせる最後の理由は、生地がだれるのを防ぐためです。

生地を休ませることで適度に硬くなるので、型抜きしやすくなったり、焼くときに形が崩れるのを防いでくれたりするんですよ。

できれば型抜きした時の形のままクッキーを仕上げたいですよね。

 

まとめると、クッキー生地を寝かせなかった場合、
サクサク感がなくなり、風味もイマイチなクッキーが出来上がってしまいます。

また、クッキーの見た目も変わってしまい、表面がデコボコになってしまったり、形が少し崩れてしまったりします。

寝かせる理由はあれど、寝かせない理由はありません。

もしどうしても時間がない場合、15分~30分だけでも寝かせるだけでもかなり焼き上がりが変わってきます。

可能な範囲で生地を寝かせるようにしてくださいね。

寝かせないクッキーレシピ!

どうしても寝かせる時間がない!という人のために、
寝かせないクッキーレシピを2つ紹介しますね。

まず材料は3つだけのサクサククッキーの作り方を紹介します!

材料は、

薄力粉(50g)

・グラニュー糖(15g)

・バター(25g)

この3つです。

工程もとっても簡単です。

用意した材料をすべてビニール袋に入れて混ぜてください。

材料がまとまったら、生地を綿棒で5mmの厚さに伸ばして型抜きします。

180度のオーブンで15分ほど焼きます。

これだけでサクサククッキーができあがりますよ!

 

次は型抜きもしないサクサククッキーの作り方を紹介しますね。

材料は、

薄力粉(120g)

・バター(60g)

・砂糖(40g)

・バニラエッセンス(5振り)

・塩(ひとつまみ)

この5つです。

耐熱ボウルにバターを入れてレンジで軽く温めて溶かします。

ラップをかけて600wでおおよそ1分で溶けると思います。

泡だて器で完全に溶かしたら、砂糖、バニラエッセンス、塩を加えてください。

次に、薄力粉を加えてゴムベラで切るように混ぜていきます。

生地をひとまとめにしたら棒状にして、包丁で7~8mmの厚さで切ってください。

その後、170度の予熱をしていたオーブンで15分ほど焼くだけで

サクサクのクッキーの完成です!

クッキー生地を寝かせる時間がない人は、ぜひ試してみてくださいね。

まとめ

クッキー生地を寝かせるのは、思っていた以上に意味のあることでしたね。

クッキー生地を寝かせなかった場合はサクサク感がなくなり、風味もイマイチなクッキーが出来上がってしまいます。

また、クッキーの見た目にもイマイチ感がでてくるんです。

表面がデコボコになったり、型抜きしたのに崩れてしまったりしちゃいます。

 

サクサク感や風味、見た目もしっかり楽しみたい場合は生地を寝かせるようにしましょう!

また、もし寝かせる時間もないけどクッキーを作りたい人のためにレシピを2つ紹介しました。

とても簡単なレシピを紹介しましたので、ぜひ作ってみてくださいね!

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました