シフォンケーキがしぼむ原因は色々!あなたはどの段階で失敗している?

お菓子&お料理
広告

スポンサードリンク






友達の家にお呼ばれした時、
「シフォンケーキ焼いてきたよ!」
と言ったら、きっとビックリしてもらえるでしょう!

お菓子をよく手作りする方にとって、
美味しいシフォンケーキを手作りできる人は
料理上手だとすぐに分かるはずです。

 

なぜならシフォンケーキは
少しの油断で焼き上がりに差が出て、
お店で売っているようなフワフワシフォンとは
程遠いものが出来上がってしまいます。

そのため、一度や二度では成功しないのは当たり前で、
心が折れてしまい二度と作らなくなってしまうことも。

しかし、工程通りに進めれば、
誰でも理想のシフォンケーキを
焼き上げることが可能なのです。

 

ただ、落とし穴の数が多いだけで、
お気に入りのレシピを元に、一つ一つ丁寧にこなしていけば、
シフォンケーキマスターとして友達に自慢することができます!

 

シフォンケーキの失敗例として
“シフォンケーキがしぼむ”という話をよく聞きます。

シフォンケーキの良さはあのフワフワとした軽い食感なのに、
しぼんでしまってはシフォンケーキではありませんよね。

なぜしぼんでしまうのか?原因を探ってみました。

シフォンケーキがしぼむ原因はこれ!どの段階で失敗しているか見てみよう!

スポンサードリンク

 

オーブンの中では確かに膨らんでたシフォンケーキ。

しかしいざオーブンから出して冷ましてみると、
みるみるうちにしぼんでしまい、半分のサイズになってしまった!
ということがよくあります。

 

その原因を一つ一つ確かめてみましょう。
まず、生地を混ぜ合わせる際に、
何か心当たりはありますか?

ポイップは大丈夫?

卵黄生地とメレンゲを作り、混ぜ合わせますが、
実はここで落とし穴が!

特にメレンゲを作る際に、ホイップが足りないと
メレンゲの良さを十分に引き出せずに、
せっかく卵黄生地とメレンゲに分けて準備している意味がありません。

メレンゲはしっかりとホイップして、
持ち上げた際に柔らかなツノができるようにします。

ただし、ホイップしすぎは禁物ですよ!
硬くなりすぎないように柔らかなツノができたらやめましょう。

お砂糖の量は大丈夫?

また、手作りお菓子にありがちなのが、
レシピ通りにお砂糖を入れないで失敗することです。

こんなに入れたら甘すぎる!と思い、
少し控えめにメレンゲに混ぜ合わせた場合、
これもしぼむ原因になってしまいます。

乳化をしっかりと

そして卵黄生地を混ぜ合わせて油分と水分を
しっかりと混ぜ合わせ乳化させることも大切です。

パウダーにも注意

次に、せっかくだから色々な味のシフォンケーキを作りたい!
と思い、ココアパウダーなどを入れてしまっていませんか?

パウダーは水分を吸収してしまいます
こちらも生地と混ぜ合わせる際は温度に気を使い、
しっかりと乳化させる必要があります。

シフォンケーキ初心者で不安な場合は、
まずはプレーンで試してみることをオススメします。

焼く温度は大丈夫?出した後も注意!

きれいな生地が出来上がり、いざオーブンへ!

オーブンの温度にも気をつけてください。
高温で一気に焼いてしまうと焼き縮みの原因となってしまいます。

そして、庫内でもしっかり膨らんだことを確認して、
オーブンから出した後、ここでも油断してはいけません。

すぐに逆さにして冷ましてあげることで、
その膨らみを維持します。

オーブンから取り出して、モタモタしていると、
どんどんしぼんでしまいますよ!

シフォンケーキをふわふわに美味しく作る方法!

 

シフォンケーキの特徴である“フワフワ感”は、
やはりメレンゲが命です。

メレンゲのホイップ量によって、
固すぎても緩すぎても完全なフワフワ感を
引き出すことができません。

適度な柔らかいツノが出るまで、
根気よく混ぜ合わせて行きましょう

まとめ

 

シフォンケーキがしぼんでしまう原因としては、
いくつか挙げられますが、特にフワフワ感を出すためには、
生地を混ぜ合わせる工程を丁寧に行う必要があります。

特にメレンゲは質の良い滑らかさを出して、
卵黄生地を混ぜ合わせる際も
しっかりと乳化させることが大切です。

 

また、焼きあがった際には、すぐに逆さにして、
完全に冷めてから取り出すようにしましょう

何度か挑戦し、
目と感覚でちょうど良い生地の混ざり具合を覚えることで、
フワフワシフォンケーキがいつでも作れるようになれれば、
もう怖いものはありませんね!

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました